広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

矯正治療は、しっかりと噛めるキレイな歯並びと、調和のとれた美しい口もと&顔つきの獲得を目標としています

本文へジャンプ
 

                                                    
矯正治療をすることのメリット(治療効果)



1.健康&機能
2.審美




1.健康と機能
   ・ しっかりと噛めるようになる
   ・正しい顎の運動を誘導する
   ・発音がはっきりする
   ・歯磨きがしやすくなる→虫歯や歯ぐきの病気(歯周病)になりにくくする
 

2.審美
  ・歯並びが良くなる(歯並びの審美)
  ・調和のとれた口もとの美しさ(口もとや顔貌の審美)



   正貌(正面観)

    治療効果(正貌)

          治療前             治療中              治療後

 

   側貌(側面観)

治療効果(側貌 上顎前突)治療効果(側貌 上下顎前突)治療効果(側貌 下顎前突) 

    上顎前突(抜歯治療)      上下顎前突(抜歯治療)      下顎前突(抜歯治療)
    治療前 ⇔ 治療後       治療前 ⇔ 治療後        治療前 ⇔ 治療後

         実際の治療内容をご覧になられる場合は、症例の画像をクリックして下さい。



   正面(上段)だけでなく側面(下段)から見た口もとの印象にも変化がみられます。
   (なお、上段ならびに下段の3つの写真はそれぞれの別の人のものです)


   さらに、口もとだけでなく、顔つき(顔貌)が大きく変化する場合もあります。
   詳しくは顎変形症をご覧下さい。


   ”骨格には問題がない場合”と”問題がある場合”は通常の矯正治療を行ったものです。
   左の ”骨格には問題がない場合”は、治療後に良好な口もとが獲得されていますが、
   真ん中の”問題がある場合”は、治療後も下口唇からオトガイまでもが突出したままです。
   一方、右の”顎矯正手術を施行した症例”は、治療後に下口唇のみならずオトガイまでもが
   後退しています。

  骨格には問題がない場合      問題がある場合         顎矯正手術を施行した症例

治療効果 側貌 骨格には問題がない場合治療効果 側貌 骨格に問題がある場合治療効果 側貌 顎矯正手術を施行した症例 

   治療前 ⇔ 治療後       治療前 ⇔ 治療後      治療前 ⇔ 手術直前 ⇔ 治療後

        実際の治療内容をご覧になられる場合は、症例の画像をクリックして下さい。



   下あごがとても前に出ている(骨格性下顎前突症)だけでなく、
   逆に下あごが小さく後退していて、上の前歯が出ていたり(下顎後退症)、
   下あごだけ、あるいは顔全体が左右のどちらかにひどく歪んでいる(顔面非対称)と云うように
   上下の顎骨の大きさや位置にひどい問題がある場合は、顎変形症という診断名のもとに
   外科的矯正治療(歯科矯正治療に加えて顎骨を外科手術で移動する)を行う必要があります。

   実際には、顎骨の変形は、上顎と下顎の両方に認められる場合が多くあります。
   例えば、下あごがとても前に出ている(骨格性下顎前突症)と同時に
   顔全体が左右のどちらかにひどく歪んでいる(顔面非対称)ように見えるのは
   変形が上顎から始まっていると考えられるのです。
   このような場合には、下顎だけでなく、上顎も同時に手術を行うことで変形を改善します。


                   上下顎同時移動術を施行した症例
       
                       上下顎前歯部叢生を伴う
          顔面非対称(上顎咬合平面の右下がりと下顎骨左方偏位)を呈する
                        骨格性下顎前突
           治療効果 顔面非対称 上下顎同時移動術
                    治療前          治療後
    この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。



   なお、手術は、口の内側から行いますので、顔に傷が残ることはありません。



 <重要なポイント>
   それは、保険適応の顎矯正手術と顔面輪郭形成術についてです。
   これまでに説明してきた上・下顎に対して前後的・上下的・回転移動を行う顎矯正手術は、
   顎の大きさや位置が好ましい状態になくて、
   そのために従来の歯科矯正治療のみでは咬合(噛み合わせ、歯並び)の改善が
   非常に困難であると考えられる場合に行うものです。
   顎矯正手術は顔面輪郭形成術に含まれるものですが、
   あくまでも上・下顎の歯列を移動させて、咬合の改善を目的としたものです。
   したがって、上・下顎の一部分、例えば、
   いわゆるエラが張っているのを小さくしたりとか、オトガイだけの形を変えたりと云った
   輪郭の修正までを含んでいるのではありません。
   したがって、これらの形態修正を希望される際には、形成外科あるいは美容外科で、
   種々の顔面輪郭形成術を行なうことになります。

   


 治療例として、ダイジェスト版以外にも、
 子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)、
 永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、U期治療、成人矯正)、
 歯の裏側からの矯正治療、
 部分矯正、
 顎変形症、
 口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます
 


                                                   



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。