広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

広島中央矯正歯科ホームページの更新情報&新着情報をお知らせします

本文へジャンプ
 

                                                    
更新情報 & 新着情報




広島中央矯正歯科ホームページの更新情報&新着情報をお知らせします。


 当院のホームページはすべて院長が作成しているものです。
 現在も、デザインのリニューアルに向けて勉強中です。
 これからも、矯正治療に関する有益な情報を随時追加するとともに、
 見やすいホームページを目指します。

  


更新情報
 2017年 7月 1日 大部分のページの加筆・修正を開始しました。
            ( ⇒ 終了しました。 8月17日 )
 2017年 6月20日 研究業績と、談話室 1.顔に関する書籍リストの加筆と
            院長紹介の訂正を行いました。
 2017年 2月 6日 研究業績の加筆を行いました。
 2017年 1月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2016年11月11日 研究業績院長紹介更新情報&新着情報の加筆と修正を行いました。
 2016年 7月12日 大部分のページの加筆・修正を行いました。
 2016年 5月28日 顎関節症いびき&睡眠時無呼吸症ならびに
             歯のホワイトニング&クリーニングの修正を行いました。
 2016年 5月28日 研究業績(日本美容外科学会)の加筆・修正と、
            季節のしつらえ季節のしつらえ(梅雨)の画像を追加しました。
 2016年 4月25日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2016年 2月 4日 季節のしつらえを各季節ごとに分けたページをつくりました。
 2016年 2月 3日 院長紹介と、談話室 1.顔に関する書籍リストの加筆と、
            更新情報の修正を行いました。
 2016年 1月31日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2016年 1月 9日 研究業績と、談話室 1.顔に関する書籍リストの加筆と
            季節のしつらえ夢雲窯さんの作品のページの画像を追加しました。
 2015年 7月12日 研究業績の加筆と修正を行いました。
 2015年 7月10日 マウスピース型矯正装置の使用に関する説明と同意に関する記載を
            追加しました。

 2015年 4月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2015年 2月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2014年12月 6日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2014年11月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2014年 1月27日 談話室(顔に関する書籍リスト)の加筆と、
            季節のしつらえの画像を追加しました。
 

 2013年10月10日  マウスピース型矯正装置の導入に伴う追加・修正のほか、
             多くのページの手直しを行いました。

 2013年 8月15日  多くのページの手直しを行いました。
 2013年 7月20日  診療日カレンダーほか、多くのページの手直しを行いました。
 2013年 1月 6日  2月からの新しい診療体制についてのお知らせ
             治療の流れアクセスに掲載しました。

 2012年10月 5日 大部分のページの加筆・修正を行いました。
 2012年 9月23日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2012年 7月 1日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2012年 3月24日 成人矯正の治療例を追加して、
            それに伴い治療年齢
なども加筆・修正を行いました。
 2012年 2月 1日 大部分のページの加筆・修正を行いました。
 2011年 7月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2011年 2月16日 院長紹介リンクの加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2011年 1月 9日 治療の流れアクセス(当院のご案内)基本理念院内紹介の加筆と、
             季節のしつらえ夢雲窯さんの作品の画像を追加しました。
 2010年10月12日 研究業績の加筆と、季節のしつらえの画像を追加しました。
 2010年 7月27日 顎変形症概説研究業績の加筆と、
             季節のしつらえの画像を追加しました。
 2010年 4月27日 季節のしつらえの画像と、吉岡一美さんの作品のページを追加しました。
 2010年 3月21日 大部分のページの加筆・修正と、季節のしつらえの加筆を行いました。
 2010年 1月 9日 アクセス(当院のご案内)の加筆・修正ならびに、
            認定医&指導医&専門医季節のしつらえの加筆を行いました。
 2009年10月 9日 アクセス(当院のご案内)の修正ならびに、
            研究業績季節のしつらえの加筆を行いました。
 2009年10月 3日 アクセス(当院のご案内)リンクの加筆を行いました。
 2009年 9月20日 背景色を変更して、より見やすくしました。
             全ページのHTML構文チェックとクリーンアップを行いました。
 2009年 9月11日 審美歯科認定医&指導医&専門医の加筆を行いました。
             新着情報を追加しました。
 
  2009年 9月 8日
 談話室 1.顔に関する書籍リスト研究業績の加筆を行いました。
            季節のしつらえの画像の追加と、夢雲窯さんの作品の修正を行いました。
            顎変形症概説入院期間&費用早急に手術を希望される場合の修正を
             行いました。
            
 2009年 8月 1日 歯の裏側からの治療の加筆・修正を行いました。
 2009年 7月17日 顎変形症概説早急に手術を希望される場合ならびに
            顎関節症の加筆・修正と、研究業績の加筆と、
            季節のしつらえの画像の追加を行いました。

 2009年 4月10日 季節のしつらえの画像の追加と、夢雲窯さんの作品のページを
            追加しました。
 2009年 3月 5日 治療期間治療年齢の加筆・修正と、季節のしつらえの画像の追加を
            行いました。
 2009年 1月30日 携帯サイトの見直し(キャリアとサブページの追加)を行いました。
 2009年 1月20日 全ページの見直し(字句の加筆・訂正と画像の追加)を行いました。
 2008年11月 8日 研究業績の加筆・修正とスタイルの変更、顎関節症の加筆・修正、
            院内紹介季節のしつらえの画像の追加を行いました。
 2008年 7月 4日 研究業績の加筆と、
            院内紹介季節のしつらえの画像の追加を行いました。
 2008年 4月25日 研究業績( 9ページ)の加筆と、
            院内紹介季節のしつらえの画像の追加を行いました。
 2008年 3月 5日 後戻りの見直し(字句の加筆と画像の追加)を行いました。
 2008年 2月10日 全ページの見直し(字句の加筆・訂正と画像の追加)を行いました。
 
 2007年 3月26日 大幅なリニューアルを行いました。

   新たに追加したページは以下のとおりです。
       いびき&睡眠時無呼吸症  談話室  サイトマップ  更新情報
   
   このほかに全ページをレイアウトも含めて加筆修正を行うとともに、
   1.フレームによるレイアウトからスタイリッシュエフェクトを利用したデザインに変更し、
   2.META name="keywords" content、META name="description" content、TITLE、
     ヘッダー&フッター、画像alt属性(代替テキスト)の見直しを行いました。




新着情報
 (学会発表などは 研究業績 をご覧ください)
 2017年12月31日 日本矯正歯科学会専門医資格が更新されました。
               発行年月日 2017年12月31日   有効年月日 2022年12月31日
               同時に、認定医と指導医の資格も併せて更新されました。

         *2017年度更新申請の認定スケジュールにおいて、
           既に更新に必要な条件を満たしているので、
           審査に合格して、9月1日に資格証が送付されてきました。
   
 
 2017年 9月25日 
日本美容外科学会会報 第39巻, 第 3号  に
            下記の論文(原著)が掲載されました。

    顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術後の輪郭不整について

    鶴田仁史, 宮本純平,宮本義洋,宮本博子 

    日本美容外科学会会報 第39巻, 第 3号, 8-20. (2017年 2月16日受付)

 2016年12月 1日 広島大学歯学雑誌 第48巻, 第 2号 に、
            下記の論文(症例報告)が掲載されました。
            発行日がこの日とされています。
             (実際に雑誌が届いたのは2017年 1月31日のことでしたが…)
             

    先天性筋性斜頸を伴う顔面非対称を呈する成人の骨格性下顎前突症に対して
     顎矯正手術を施行した矯正治療例
    鶴田仁史

    広島大学歯学雑誌 第48巻, 第 2号, 141-159. (2016年 9月29日受付)    

 
 2016年12月 1日
 第75回日本矯正歯科学会大会( 徳島、11月 7日~ 9日)における
             日本矯正歯科学会専門医更新症例展示に提出した3症例が
             審査に合格しました。すべて顎変形症の症例です。 
             
  3症例のタイトルと手術術式は下記の通りです。
   ”左側前歯部のcrossbiteと上顎咬合平面の右下がり傾斜ならびに
     下顎骨の左方偏位を伴う骨格性Ⅲ級の顔面非対称症例”
       (Le Fort Ⅰ型骨切り術+両側下顎枝矢状分割術)
   ”下顎骨後方移動術により下顎前突顔貌の改善を行った
     前歯部正被蓋を呈する軽度骨格性Ⅲ級症例”
       (両側下顎枝矢状分割術+オトガイ形成術)
   ”上下顎前歯部叢生を伴う中顔面の後退感を呈する骨格性Ⅲ級症例”
       (Le Fort Ⅰ型骨切り術+両側下顎枝矢状分割術)
   
 
 2016年 7月10日 
『週刊朝日MOOK』
             いい歯医者2016
           独自調査! 都道府県別全国リスト 自宅近くの「いい歯医者さん」が見つかる
             専門医がいる歯科診療所…矯正歯科の専門医
           に掲載されました。

 
 
 2016年 5月28日 顎関節症いびき&睡眠時無呼吸症ならびに
             歯のホワイトニング&クリーニングの修正を行いました。

       ”顎関節症”と”いびき&睡眠時無呼吸症”は、
       歯科矯正治療と関連が深いことから、これらの疾患の概説を行っていますが、
       当院では治療を行っていないことをより強調した記述に変更しました。

       また、”歯のホワイトニング&クリーニング”に関しても、当院で矯正治療を終了された
       患者さんに対してのみ行っていることをより強調した記述に変更しました。

 
 2015年12月28日
 第74回日本矯正歯科学会大会( 福岡、11月18日~20日)における
             日本矯正歯科学会専門医更新症例展示に提出した1症例が
             審査に合格しました。症例は顎変形症の症例です。 
             
  症例のタイトルと手術術式は下記の通りです。
   ”上顎咬合平面の右下がり傾斜と上顎歯列正中の右方偏位ならびに
    下顎骨の左方偏位を伴う骨格性下顎前突症例”
       (Le Fort Ⅰ型骨切り術+両側下顎枝垂直骨切り術)
   

 2015年12月 1日 広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号 に、
            下記の4編の論文(症例報告)が掲載されました。
            発行日がこの日とされています。
             (実際に雑誌が届いたのは2016年 1月30日のことでしたが…)
             

    下顎骨右側臼歯部動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して
     下顎骨前方移動術と血管付き腸骨によるonlay graftを施行した矯正治療例
    鶴田仁史

    広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 111-125. (2015年 9月30日受付)

    下顎第二大臼歯にみられた融合歯を有する症例に対して行った矯正治療
    鶴田仁史

    広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 126-132. (2015年 9月30日受付)

    三叉神経腫瘍摘出術後に生じた顎運動障害に対して筋突起切除術を
     施行した一例の所見と考察
    鶴田仁史

    広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 133-137. (2015年 9月30日受付)

    片側性下顎頭過形成を伴う顔面半側肥大症に対する外科的矯正治療例
    鶴田仁史

    広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 138-150. (2015年 9月30日受付)


    
 2015年10月29日 『Gakken Hit Mook』
             本気で探す 頼りになる いい歯医者さん2016 
               全国の歯科医院1501リスト
             に掲載されました。
 
マウスピース型矯正装置である、海外製カスタムメイド矯正装置の使用にあたっては、
下記の1~4*に記載された内容について、歯科医師より十分な説明を受け、理解したうえで
これらの装置にて治療をうけることに同意していただく(同意書を作製する)ことが必要です。
1.日本国薬事法上の医療機器として認証・承認を得ていない装置である。
2.日本国歯科技工士法上の矯正装置に該当しない装置である。
3.この装置以外の、日本国で承認を得ている医療機器や矯正装置を用いる治療法が存在する。
4.1,2の理由につき、担当歯科医師の全責任において使用されるものである。


 
2013年10月10日 アライナー型矯正装置を導入しました。
           成人および10代の患者さんを対象に開発された審美的矯正治療システムです。
           可撤式、カスタムメイドの透明なアライナー型矯正装置が、治療計画に
           合わせて複数作製され、正常歯列に向けて効果的に歯を移動します。
           食事、ブラッシングやフロス時以外の1日20~22時間を目安に着用します。
           1ステージにつき2~3週間装着します。
           患者さんにとってのメリットは、
           ・ ほとんど透明なため、多くの人が治療中であることに気がつかれないこと
            ・着脱が可能なこと
           ・従来の固定式の矯正装置(マルチブラケット装置など)を装着した場合と
            比べて、食事や、ブラッシングやフロスを普段通りできること
           ・軟組織への不快感が、従来のその他の固定式装置と比べて、軽減されること
           ・患者さん自身が計画された歯の移動を視覚的に確認が可能なことなどです。
             
インビザライン®アライナー1インビザライン®アライナー2インビザライン®アライナー3
         
      
                                     
 
 
2013年 1月 6日  2月からの新しい診療体制についてのお知ら
                               

  このたび、東京都渋谷区恵比寿にて 2月から新規開業いたします顎顔面外科・矯正歯科を
   専門とした診療所セレスティアルクリニックTOKYO(現在は、リンクしていません)

   矯正歯科部門を担当することになりました。

   
新たな環境で治療技術をより向上させるチャンスと考えて引き受けた次第です。
   必ずや、これからの当院での診療に裨益するところ大なりと考えています。
   つきましては、当院の診療日はこれまでよりも少なくなりますが、これまでと変わらぬような
   診療体制をとれるように留意いたしますので、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

  
   * 2015年 6月末で、兼務を終了しました。
                         
 2012年12月31日 日本矯正歯科学会専門医資格が更新されました。
               発行年月日 2012年12月31日   有効年月日 2017年12月31日
               同時に、認定医と指導医の資格も併せて更新されました。
 2012年 7月10日 『週刊朝日MOOK』
             Q&Aでわかる 「いい歯医者」2013
               歯科の疑問367にQ&Aですぐに回答!
               専門医がいる歯科診療所・大学病院リスト
             に掲載されました。
 
 2011年 7月30日 『週刊朝日MOOK』
             Q&Aでわかる 「いい歯医者」2012
               歯科の疑問446にQ&Aですぐに回答!
               専門医がいる歯科診療所・大学病院リスト
             に掲載されました。
 
 
 
2010年12月10日  デジタル現像システムを導入しました。
             従来のレントゲン装置をそのまま使用可能なことからデジタル化が
             スムーズに実現しました。
             イメージングプレートを用いるため、デジタル化の中でもアナログ撮影に
             近い、間接的デジタルです。
             現像の工程がデジタル化されるため効率化が期待できます。

             ビスタスキャンプラス

                           
          
 
 2010年10月25日
 第69回日本矯正歯科学会大会( 横浜、9月27日~29日)における
             日本矯正歯科学会専門医更新症例展示に提出した3症例全部が
             審査に合格しました。3症例はすべて顎変形症の症例です。 
             ⇒ 専門医資格が更新されました。
                発行年月日 2012年12月31日   有効年月日 2017年12月31日
                同時に、認定医と指導医の資格も併せて更新されました。
             
  3症例のタイトルと手術術式は下記の通りです。
   ”右側の変形性顎関節症による上顎咬合平面の右上がり傾斜と下顎骨右方偏位とからなる
    顔面非対称を伴う開咬”
       (Le Fort Ⅰ型骨切り術+両側下顎枝垂直骨切り術)
    ”上下顎叢生と上下顎前突を伴う骨格性Ⅲ級の下顎骨右方偏位による顔面非対称”
       (両側下顎枝垂直骨切り術+オトガイ形成術)
   ”上顎の軽度の叢生と骨格性Ⅲ級による切端咬合を伴う下顎骨左方偏位による顔面非対称”
       (両側下顎枝垂直骨切り術)


    *(5年毎の)更新には本学会における3症例の症例報告が義務付けられています。
      2007年 6月 1日以降に動的治療を終了した症例で、2年以上の保定を行った3症例が
      審査対象です。なお症例のカテゴリーは問われません。
      症例報告の審査提出方法は、更新審査終了までのいずれかの年度に3症例まとめて
      提出しても、3年度に亘り1症例または2症例に分けて提出することも可能です。
      今回は、2年以上の保定を行った症例を提出できる初年度でしたが、3症例まとめて
      提出しました。症例は、すべて顎矯正手術を併用したものとしました。


 2010年 6月28日 『暮らしの設計 新 歯科の実力』 読売新聞医療情報部編 中央公論新社
             全国 専門医・認定医のいる歯科診療所
               治療体制データ一覧&最新医療情報ほか
             に掲載されました。
 
 2010年 6月25日 日本美容外科学会会報 第32巻, 第 2号, 25-38.  に
             早急に顔貌を改善するために術前矯正治療を省略した外科的矯正治療の
             適応と治療手順

             鶴田仁史, 宮本義洋 (2009年12月7日受付)

             が掲載されました。 

 
 
2009年 8月 1日  歯の裏側からの治療法の1種 を新たに導入しました。 

インコグニート Incognito 01インコグニート Incognito 03インコグニート Incognito 02
            
 
 2009年 7月17日 
『週刊朝日』
             歯科医選びのバイブル登場! 
               都道府県別一覧表 「いい歯医者」矯正歯科」編
             に掲載されました。

      → 後に、『週刊朝日MOOK』 ( 8月15日発行)
             歯科医選びの決定版! Q&Aでわかる 「いい歯医者」
               歯科の疑問361にやさしく回答!
               「いい歯医者」はここにいる! 矯正/歯周病/小児歯科
             にも掲載されました。
 

 
 2008年 1月28日
 日本矯正歯科学会専門医 に登録されました。
             (関連サイト 日本矯正歯科専門医名鑑


              専門医資格証  


 2007年 3月26日
 いびき&睡眠時無呼吸症治療のためのスリープスプリント作製を
             開始しました。

         (注:睡眠呼吸クリニックから紹介された保険適応の患者さんは、
            装置作成後に継続して病態の再評価に受診していただく必要がありますが、
            患者さんならびに睡眠呼吸クリニックともに、この点が理解されず、
            十分な連携が確立されていないために、
            現在、当院では治療をお引き受けしておりません。


  「いびき症」に対するスリープスプリント(口腔内装置)は、引き続き、自費で作製しております。

                 スリープスプリント側面観


 2006年10月16日  広島県立三原高等学校の生徒さんが職業インタビューに来院されました。
              → 後に、報告集を送ってくれました。

 
 2005年 7月29日
  歯のホワイトニング(ホームホワイトニング)を開始しました。
             (注:当院で矯正治療を終了された患者さんに対してのみ行っています。)

        ホワイトニング施術前後




                          

                          



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。