広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

広島中央矯正歯科は口唇口蓋裂を含む「厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常の矯正治療に
保険が適用される施設基準に適合した自立支援医療指定医療機関であり、
顎裂部骨移植や顎矯正手術などを含めた豊富な矯正治療の経験と研究業績を有しています。

顎裂部の骨欠損に対しては、前歯の永久歯が生えた頃から上顎歯列弓の拡大して、顎裂部骨移植を行います。

本文へジャンプ
 

                                                    

口唇口蓋裂の治療例



両側性唇顎口蓋裂に起因する上顎歯列弓狭窄と叢生に対して、
T期治療として、顎裂部骨移植のために、リンガルアーチを用いた上顎歯列弓の拡大と、
続いてセクショナルアーチを用いた排列を行った症例です
 

療タイプ 口唇口蓋裂
性別 女性
治療開始時年齢 9才9か月
診断名 両側性唇顎口蓋裂に起因する上顎歯列弓狭窄と叢生
使用装置 上顎リンガルアーチ+上顎セクショナルアーチ

                  

   

                       初診時

口唇口蓋裂の治療例(T期治療) 両側性唇顎口蓋裂に起因する上顎歯列弓狭窄と叢生 初診時


   

     治療中〜顎裂部骨移植前の拡大と排列(上段から下段へ)

治療中〜顎裂部骨移植前の拡大と排列


   

         顎裂部骨移植前の拡大と排列終了時のX線所見

顎裂部骨移植前の拡大と排列終了時のX線写真


                                           


   口唇口蓋裂の治療例
    両側性唇顎口蓋裂に起因する上顎歯列弓狭窄と叢生(T期治療)

     左側唇顎口蓋裂に起因する上顎歯列弓狭窄を伴う下顎前突(上下顎同時移動術)  
 

   口唇口蓋裂に関する研究発表

 

   治療例として、口唇口蓋裂以外にも、
    ダイジェスト版、
 
   子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)、
    永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、U期治療、成人矯正)、
    歯の裏側からの矯正治療、
    部分矯正、
    顎変形症 の種々の症例をご覧いただけます


                        



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。