広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

開咬は、奥歯だけが当たっていて、前歯は接触せずに上下的に隙間が開いていて、前歯で咬みきれない歯並びです。

本文へジャンプ
 

                                                    

不正咬合(開咬)



正常咬合と不正咬合
   
不正咬合
   叢生(そうせい)
   
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
   下顎前突(かがくぜんとつ)
   
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)または両顎前突(りょうがくぜんとつ)
    開咬(かいこう)
   過蓋咬合(かがいこうごう)



 

開咬 (かいこう) 

 臼歯部(奥歯)で噛んでも(=奥歯だけしか当たっていない)、上下顎の前歯は接触せずに
 上下的に隙間ができてしまいます。

 前歯で食べ物を噛みれないばかりでなく、正しい発音が出来ません。

 舌癖(嚥下する時に舌を前方に出して上下の前歯の間にはさみ込んでしまう)や
 上下の口唇が緩いことも関与していたり、複雑な要因がある場合が多くあります。

 
下顎が小さくて後退あるいは時計方向へ回転している場合があります。
 さらに、下顎や下顎からオトガイ全体が小さく後退あるいは時計方向へ回転していることが、
 下顎頭(関節頭)が変形・吸収しているために起きている場合もあります。

     3D−CT             パノラマX線写真              3D−CT
  開咬 3D-CT & パノラマX線写真
             右側関節突起は短かく、関節頭の骨変形が認められる


 従来の治療メカニクスは、上下顎の前歯を挺出(延び出)させて、前歯の垂直的な被蓋
 (噛み合わせ)を作るもので、そのために治療後に上下の歯の圧下による後戻りが生じる
 ことが多く、
最も治療後の安定が得にくいタイプの不正咬合
でした。

    開咬患者の矯正治療後の変化について 
    鶴田仁史, 渡辺八十夫, 山内和夫    

    広島大学歯学雑誌 第21巻, 第 2号, 352-361, 1989(平成元年)

 



          上下顎前歯部叢生と上顎歯列弓狭窄を伴う開咬

                       治療前
開咬 治療前


                       治療後
開咬 治療後
          
  この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合はここをクリックして下さい。



 一般に、下顎自体が後退している場合
には、咬合だけを作り上げても、すなわち骨格の不正を
 カムフラージュするだけでは、好ましい側貌を得ることは難しいことが多いのです。

 咬合だけでなく顔貌の改善も視野に入れた治療ゴールを目指した治療法の選択(顎矯正手術)も
 検討すべきでしょう。

 また、正面から観た時の上顎の歯の先端や咬み合わせの面を連ねた面咬合平面)が
 傾斜していて、上下の唇を閉じた時に左右の口角が右上がりや左上がりになっていて

 顔面非対称
を呈している場合もあります。
 これを改善するためにも、
上下顎移動術顎矯正手術)が必要となります。


 従来行われている手術術式は下顎を反時計方向へ回転させる手術を行って強固な骨固定を
 するというものでしたが、
我々は上顎後方部を上方へ移動させる顎矯正手術を行うことにより、
 これまでの手術術式よりも安定した治療ゴールが得られるようになっています。

           

    開咬症例に対する外科的矯正治療における上顎骨の移動様式について

    鶴田仁史,宮本義洋

    第44回中・四国矯正歯科学会大会 2001(平成13)年07月 徳島


    外科的矯正治療による開咬症例の治療手順と手術術式について

    鶴田仁史,宮本義洋

    第47回中・四国矯正歯科学会大会(学術展示) 2004年(平成16)年07月 広島


    骨格性開咬症例こそ、先ず顎矯正手術によって噛めるようにすべきである

    鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,宮本博子,戸澤麻美

    第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 2004年(平成16)年11月 東京


    Le Fort T型骨切り術による上顎骨後方部の上方移動ならびに時計方向への回転と
    下顎枝垂直骨切り術とによる上下顎同時移動術を施行した開咬症の長期観察例

    鶴田仁史,宮本義洋

    第16回日本顎変形症学会総会 2006(平成18)年06月 幕張

 

    上顎骨後方部の上方移動と時計方向回転とによる上下顎同時移動術を施行した
    開咬症の長期観察例

    鶴田仁史,宮本義洋

    第65回日本矯正歯科学会大会(症例展示) 2006年(平成18)年09月 札幌





      上顎前歯部軽度叢生を伴う骨格性開咬(上下顎同時移動術)

                       治療前
骨格性開咬(上下顎同時移動術)治療前


                      手術直前
骨格性開咬(上下顎同時移動術)手術直前


                       治療後
骨格性開咬(上下顎同時移動術)治療後
       
  
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合はここをクリックして下さい。




 顎矯正手術を併用した治療の詳細については、顎変形症 ならびに 研究業績 をご覧下さい



 さらに、オトガイが十分に発達していない(=前方への突出度が小さい)場合には、
 オトガイ形成術
やシリコンなどを用いたAugumentation
 診断の際に併せて考慮すべきかもしれません。

   顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術後の輪郭不整について

   鶴田仁史, 宮本純平, 宮本義洋, 宮本博子

   日本美容外科学会会報 第39巻, 第 3号, 8-20. 2017(平成29年) 



                          
オトガイ突出度
オトガイ突出度の比較 オトガイの突出度が大きい例オトガイ突出度の比較 オトガイの突出度が標準的な例オトガイ突出度の比較 オトガイの突出度が著しく小さい例
 オトガイの突出度がやや大きい        標準的        オトガイの突出度が著しく小さい
                                       (手術を行わずに、従来の矯正治療
                                         のみで治療した症例の側貌)


             オトガイ形成術(水平骨切り術によるオトガイの前方移動)

       オトガイ形成術 術中写真 プレートを用いて固定している       オトガイ形成術 治療後の側方頭部X線規格写真
     術中写真(プレートを用いて固定している)    治療後の側方頭部X線規格写真



 また、近年、歯科矯正用アンカースクリューを用いて臼歯部(奥歯)を圧下する(=めり込ます)
 ことによる治療も行われるようになりました。

 なお、学童期に、前歯部の開咬を改善しておくこと(T期治療)は、
 将来の治療を容易にすることにつながり、意義があると考えられます。




これら以外にも、
子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)
永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、U期治療)

歯の裏側からの矯正治療
部分矯正

顎変形症

口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます。



                           



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。