広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

矯正治療では、歯と顎の大きさのバランスが悪いときや好ましい口もとを獲得するために、
抜歯(永久歯を抜いて)治療をすることがありますが、
子供の頃から成長を利用した治療をすることで非抜歯(歯を抜かないで)治療が可能となることもあります

本文へジャンプ
 

                                                    
抜歯治療 vs 非抜歯治療



1.歯と顎の大きさのバランスが合っていない(歯が大きい、顎が小さい)ためにすべての
  歯を並べられない場合や、
  上下の顎骨の大きさや位置のバランスが合っていない場合、
  さらに、治療後の口もとが突き出た感じにならないように前歯を引っ込めたい場合などは、
  永久歯の抜歯が必要となることがあります。


2.顎変形症の場合には、骨格性の問題をカモフラージュするための抜歯治療は
  顔貌の改善が得られないだけでなく、歯を支えている(歯槽)骨にとっても
  好ましい治療とは云えません。



        〜抜歯治療例(左) と 非抜歯(抜かない)治療例(右)の比較〜

抜歯治療 vs 非抜歯治療 抜歯治療例抜歯治療 vs 非抜歯治療 非抜歯治療例 

   上段:治療前                     上段:治療前
   下段::治療後 左:治療前⇔右:治療後     下段::治療後 左:治療前⇔右:治療後
   
   実際の治療内容をご覧になられる場合は、それぞれの症例の画像をクリックして下さい。


左の抜歯治療例は、治療後に口唇の突出感がなくなり良好な口もとが獲得されていますが、
右の非抜歯(抜かない)治療例では、治療後も突出したままです。


歯がすべて揃っているからと云っても、きちんと噛み合っていないのであれば、咀嚼の効率
が悪かったり、その他の問題を抱えたままの状態であると考えるべきでしょう。
また、歯は、常に唇や頬や舌からの圧力を受けながら、現在の位置に並んでいます。従って、
無理矢理にすべての歯を並べてしまうことは、これらの圧力のバランスに不調和を来たして、
治療後の安定性が懸念される場合が多いのです。


なお、歯を抜いてできたスペースは治療終了時には閉鎖されています。


このように、矯正治療では歯を抜かざるを得ないことが多いのですが、
永久歯がすべて生え揃っていて、歯を並べる上下の顎骨の成長が終了した成人と違って、
まだ成長の途中の時期にある学童期に治療を開始する(T期治療)と、成長を利用することに
よって、非抜歯での治療が可能となることもあります。

例えば、下顎が小さく後退しているタイプの上顎前突(”出っ歯”と呼ばれる歯並び)では、
下顎の前方への成長を促す装置を用いることによって、上顎と下顎の前後的なバランスを
改善できることがあります。十分な効果が得られた場合には、永久歯を抜歯せずに並べる
ことが出来ます。


     上顎前歯部空隙と過蓋咬合を伴う上顎前突(T期治療+U期治療)

    上顎前歯部空隙と過蓋咬合を伴う上顎前突に対して、
    上下顎セクショナルアーチと咬合挙上板を用いたT期治療で概ね改善して、
    その後、U期治療で仕上げの排列をして非抜歯で治療した症例です

 抜歯治療 vs 非抜歯治療 非抜歯治療 過蓋咬合を伴う上顎前突(T期治療+U期治療)

           上段:T期治療前     下段:U期治療後

  この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい
 



また、上下の顎骨が小さくて、永久歯の前歯だけが生えかわった時点で、
これから後に生えかわる犬歯や小臼歯、第二大臼歯を並べるには十分なスペースが無いと
予測される叢生(”八重歯”とか、”乱ぐい歯”と呼ばれる、ガタガタの歯並び)でも、
少しずつ歯列弓(歯を並べるアーチ型の土手)を拡大していくことが出来れば、
永久歯を抜歯せずに並べることが可能となることがあります。


             上下顎前歯部叢生(T期治療+U期治療)

    将来は抜歯治療が不可避と思われた10歳の混合歯列期の叢生に対して、
    8か月半のT期治療によって叢生をほぼ改善し、
    その後は永久歯の萌出と顎骨の成長を2年間観察を継続して、
    最後に12歳10か月から8か月間のU期治療(永久歯の矯正治療)によって
    非抜歯治療を行った症例です

 抜歯治療 vs 非抜歯治療 非抜歯治療 上下顎前歯部叢生(T期治療+U期治療)

           上段:T期治療前     下段:U期治療後 

  この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい




ところで、不正咬合の原因が骨格に問題があるにもかかわらず、歯だけを治療対象として
(抜歯治療によって)咬合(=歯並び)を改善することは、顎変形症の根本的な治療ではなく、
問題のある骨格をカモフラージュしているに過ぎません。

  骨格には問題がない場合      問題がある場合         顎矯正手術を施行した症例

治療効果 側貌 骨格には問題がない場合治療効果 側貌 骨格に問題がある場合治療効果 側貌 顎矯正手術を施行した症例 

   治療前 ⇔ 治療後       治療前 ⇔ 治療後      治療前 ⇔ 手術直前 ⇔ 治療後
 
    実際の治療内容をご覧になられる場合は、それぞれの症例の画像をクリックして下さい。


しかも、顔貌だけでなく、歯(を支えている歯槽骨)にも無理がかかってきます。
例えば、骨格性下顎前突の場合には、下顎前歯は過度に舌側傾斜(内側に傾けること)
させることになりますし、一方、上顎前歯は過度に唇側傾斜(前方向へ倒すこと)させる
ことになって、歯を支えている(歯槽)骨のに対してまっすぐに植わっていないことになって
しまいます。これが、上顎前突の場合は逆向きになります。

いずれにしても、不正咬合の原因は、歯性と骨格性の二つの要因から成り立っていることが
多いので、骨格性の要因が大きい場合には、骨格に対する治療を考えるのが理にかなって
いるのです。

           (⇒詳しくは顎変形症治療効果をご覧ください。)



 治療例として、ダイジェスト版以外にも、
 子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)、
 永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、U期治療)、
 歯の裏側からの矯正治療、
 部分矯正、
 顎変形症、
 口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます



                                                   



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章の引用・転載ならびに画像の持ち出しは一切禁止とさせていただきます。