広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

上顎骨and/or下顎骨の大きさや位置に問題ある顎変形症の場合には、
顎矯正手術を併用すること(これらの治療は保険適用です)によって、
噛み合わせと口もとだけでなく顔貌(顔つき)が著明に改善されます

本文へジャンプ
 

                                                    

顎変形症の治療例



下顎骨右方偏位による交叉咬合に対して、術前矯正治療を省略して
両側下顎枝垂直骨切り術(IVRO : Intraoral vertical ramus osteotomy)を施行した症例です
 

療タイプ 顎変形症
性別 女性
治療開始時年齢 28才8か月
診断名 下顎骨右方偏位による交叉咬合
使用装置 上下顎マルチブラケットアプライアンス
顎矯正手術術式 両側下顎枝垂直骨切り術(IVRO : Intraoral vertical ramus osteotomy)
手術時年齢 28才8か月
治療期間       9か月(装置装着2週後に手術、術後1か月半より治療開始)

                  

 

                      初診時

顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 初診時顔面写真  

顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 初診時口腔内写真

 

                      手術直前

顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 手術直前

 

      手術1週後(顎間固定中)、1か月半後(治療開始)、2か月半後

手術1週後(顎間固定中)、1か月半後(治療開始、2か月半後) 

 

                術後矯正治療中(術後3か月)

術後矯正治療中(術後3か月)

 

                術後矯正治療中(術後5か月)

術後矯正治療中(術後5か月)

 

                      治療後

顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 治療後顔面写真

顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 治療後口腔内写真

 

                      治療前後の比較

        顎変形症の治療例 下顎骨右方偏位による交叉咬合 治療前後の比較

 


                        


 顎変形症の治療例
   上下顎前歯部軽度叢生を伴う骨格性下顎前突(両側下顎枝垂直骨切り術:以下、IVROと表記)

   上下顎軽度叢生を伴う骨格性下顎前突(上顎Le Fort T型骨切り術:以下、LF−Tと表記+IVRO)

   上顎咬合平面の左上がりと下顎骨左方偏位を伴う顔面非対称(LF−T+IVRO)

   下顎骨右方偏位(顔面非対称)による交叉咬合(術前矯正治療を省略して、IVRO)

   上下顎前歯部叢生と下顎骨右方偏位(顔面非対称)を伴う骨格性下顎前突(LF−T+IVRO)

   上顎前歯部軽度叢生を伴う骨格性開咬(LF−T+IVRO)

   上下顎叢生と開咬を伴う骨格性下顎前突(術前矯正治療を省略して、LF−T+IVRO)


 
顎変形症(外科的矯正治療)に関する研究発表

   術前矯正治療の短縮や省略に関する研究発表
   入院期間短縮に関する研究発表




 治療例として、顎変形症以外にも、
   ダイジェスト版、
   子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)、
   永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、U期治療)、
   歯の裏側からの矯正治療、
   部分矯正、
   口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます。



                                                                         



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。