広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

叢生(ガタガタ、八重歯、乱ぐい歯)、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、
上下顎前突(口もとが出ている)、開咬(前歯で咬みきれない)、過蓋咬合(前歯の噛み合せが深い)や、
顎変形症や部分矯正も含む、あらゆる歯並びに対する矯正治療は、
広島市中区八丁堀にあり交通至便な広島中央矯正歯科にお越しください


本文へジャンプ
 

                                                    

不正咬合(過蓋咬合)



正常咬合と不正咬合
   
不正咬合
   叢生(そうせい)
   
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
   下顎前突(かがくぜんとつ)
   
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)または両顎前突(りょうがくぜんとつ)
    開咬(かいこう)
   過蓋咬合(かがいこうごう)



 
過蓋咬合 (かがいこうごう)

 
前歯の噛み合わせが深く、下顎の前歯が上顎の前歯に覆われている歯並びです。

 下顎の前歯が上顎の前歯の裏側の歯ぐきを噛んでいることがあります。

 前歯の噛み合わせが深く、下顎の前歯が上顎の前歯に覆われているために、
 下顎全体が後方へ押し込められていることもあり、
顎関節にとって大きなストレスになっているとも
 云われています。

 従来の治療メカニクスは、上下顎の前歯を圧下(めり込ま)させるのと、
 下顎前歯の唇側傾斜および下顎の時計方向への回転によるもので、
 そのために治療後に下顎前歯の挺出と舌側傾斜による後戻りが生じることが多くありました。


    過蓋咬合者の矯正治療後の変化について

    鶴田仁史, 渡辺八十夫, 山内和夫

    広島大学歯学雑誌 第21巻, 第 2号, 362-368, 1989(平成元年)



              上下顎前歯部叢生を伴う過蓋咬合

  上顎は両側第一小臼歯を抜歯、下顎は非抜歯の、片顎抜歯で治療を行った症例です

                        治療前

 過蓋咬合 治療前


                        治療後

 過蓋咬合 治療後

                      
   この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合はここをクリックして下さい。



 近年、
インプラント矯正(Temporary anchorage device)を用いて前歯部を圧下する
 (=めり込ます)ことによる治療も行われるようになりました。

 なお、学童期に、前歯の噛み合わせが深いのを改善すること(
T期治療)は、
 将来の治療を容易にすることにつながり、意義があると考えられます。


 



これら以外にも、
子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)
永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、U期治療)

歯の裏側からの矯正治療
部分矯正
顎変形症

口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます。



                           



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。