広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

叢生(ガタガタ、八重歯、乱ぐい歯)、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、
上下顎前突(口もとが出ている)、開咬(前歯で咬みきれない)、過蓋咬合(前歯の噛み合せが深い)や、
顎変形症や部分矯正も含む、あらゆる歯並びに対する矯正治療は、
広島市中区八丁堀にあり交通至便な広島中央矯正歯科にお越しください


本文へジャンプ
 

                                                    

不正咬合(叢生)



正常咬合と不正咬合概説
   
不正咬合
   叢生(そうせい)
   
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
   下顎前突(かがくぜんとつ)
   
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)または両顎前突(りょうがくぜんとつ)
    開咬(かいこう)
   過蓋咬合(かがいこうごう)



 

叢生(そうせい) 
 ”乱ぐい歯”と云われている歯並びです。”八重歯”なども叢生の一種です。

 歯の幅は標準的な大きさなのに
顎が小さい場合や、逆に顎に対して歯の幅が大きい場合などに
 起こります。
 
 歯ブラシの毛先が届きにくいので、磨き残しが多く、歯周疾患やムシ歯になり易くなります。          

 すべての歯の横幅の総和と上下の顎骨の歯を並べるスペース(歯列弓)の大きさの差のことを

 アーチレングス・ディスクレパンシー(Arch length discrepancy;不調和)と云います。
 この程度が大きい場合には、すべての歯を並べることが出来なくて、

 抜歯治療(いずれかの歯を抜いて治療)をしなければなりません。

 通常は、上下顎の前から四番目の歯(第一小臼歯)か、前から五番目の歯(第二小臼歯)を抜いて
 治療することが多い(
定型抜歯)のですが、抜くのが大臼歯だったり、前歯であること(非定型抜歯)も
 あります。


                 過蓋咬合を伴う上下顎叢生

                       治療前
叢生 治療前


                       治療後
叢生 治療後

   
この症例の詳しい治療経過をご覧になりたい方はここをクリックして下さい。


 
 しかし、ディスクレパンシーが小さい場合には、歯を抜かずに、すべての歯を並べることが
 可能になります(
非抜歯治療)。

 また、子供の頃から、少しずつ上下の顎骨の歯を並べるスペースを拡大することによって、
 歯を抜かずに済むことが可能となる場合もあります。
 そう考えると、
早期からの治療(T期治療+U期治療)も有効なことがあります。


             上下顎前歯部叢生(T期治療+U期治療)

                       治療前

上下顎前歯部叢生(T期+U期治療) 治療前


    T期治療開始8か月半後(これよりU期治療まで2年間経過観察)

上下顎前歯部叢生(T期+U期治療) T期治療開始8か月半後(これよりU期治療まで2年間経過観察)


                     U期治療後

上下顎前歯部叢生(T期+U期治療) 治療後

    
   この症例の詳しい治療経過をご覧になりたい方はここをクリックして下さい。


 ただ、歯を抜かずに無理やり並べることがいつも正しい訳ではありません。
 それぞれの歯(並び)は、外側から接する口唇や頬と、内側から接する舌の圧力などの
 バランスがとれた場所にだけ安定して留まることが出来るのです。
 無理やりに歯を並べるスペースを拡大することは、これらのバランスを無視していることも
 あるのです。また、逆に、歯を抜いたからと云って、バランスが整ったとも云えない場合が
 あります。何故かと云うと、歯を抜くと、約7mmのスペースが出来ますが、抜かなければ
 0mm(あるいはマイナス)です。2mm、あるいは5mmだけ抜くということは出来ません。
 従って、矯正治療後の歯並びがずっと安定しているということを目指すのは非常に難しい
 ことだと云えるのです。
  





これら以外にも、
子供の矯正治療(T期治療、T+U期治療)
永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、U期治療)
歯の裏側からの矯正治療
部分矯正
顎変形症
口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます。



                           



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。