広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

顎変形症や部分矯正も含む大人の治療(成人矯正)は、広島中央矯正歯科にお越しください

本文へジャンプ
 

                                                    
歯の裏側からの矯正治療例(舌側矯正、リンガルの治療例)



両側顎関節症を伴う上下顎軽度叢生と上下顎前突ならびに開咬に対して、
治療当初は安定した咬合位を探り、それから抜歯を決め、
上顎は歯の裏側(舌側)から、下顎は通常通りの歯の表側(唇側)からの装置を用いて治療した症例です

療タイプ 歯の裏側からの矯正(舌側矯正) *ハーフリンガル
性別 女性
治療開始時年齢 28才3か月
診断名 両側顎関節症を伴う上下顎軽度叢生と上下顎前突ならびに開咬
使用装置 上顎リンガルアプライアンス
下顎マルチブラケットアプライアンス
抜歯or非抜歯 抜歯
治療期間       2年6か月



 

                       初診時

歯の裏側からの矯正(舌側矯正)治療例 両側顎関節症を伴う上下顎軽度叢生と上下顎前突ならびに開咬 初診時

 

                     治療開始時 

治療開始時

 

                      3か月後 

3か月後

 

                      5か月半後 

5か月半後

 

                       8か月後 

8か月後

 

                      1年7か月後 

1年7か月後

 

                     1年11か月後 

1年11か月後

 

                     2年4か月後

2年4か月後

 

                      治療後

歯の裏側からの矯正(舌側矯正)治療例 両側顎関節症を伴う上下顎軽度叢生と上下顎前突ならびに開咬 治療後                    

 


 治療例として、歯の裏側からの矯正治療以外にも、
   ダイジェスト版、
   子供の矯正治療(Ⅰ期治療、Ⅰ+Ⅱ期治療)、
   永久歯がすべて生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、Ⅱ期治療)、
   部分矯正、
   顎変形症、
   口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます



                                                   



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。