広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

広島中央矯正歯科は、口唇口蓋裂を含む「厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常の矯正治療に
保険が適用される施設基準に適合した自立支援医療指定医療機関であり、
顎裂部骨移植や顎矯正手術などを含めた豊富な矯正治療の経験と研究業績を有しています。

口唇口蓋裂の治療では、顎裂部骨移植のほか、必要に応じて顎矯正手術,さらに鼻・口唇の修正術など、
長期的視野に立って、それぞれの治療に適した治療時期を見定めることが肝要です。

本文へジャンプ
 

                                                    
口唇口蓋裂:顎裂部骨移植



1 口唇口蓋裂概説
2 顎裂部骨移植
3 治療例(口唇口蓋裂)



矯正治療では、様々な装置を用いて歯を適切な位置へ移動させていきます。
しかし、残念ながら、顎裂部のように骨の無いところへは歯を並べることが出来ないのです。
そこで、現在では、自家腸骨海綿骨細片を顎裂部に移植しています。

もう少し詳しく説明いたしますと、自分の腸骨(足の付け根より上の腰骨の出っ張った骨)の中の
海綿骨(骨の中の比較的軟らかい骨)を細かく砕いたものを、顎裂部の粘膜を剥がして、
骨の欠損しているところへしっかりと詰め込みます。

このような治療は、小学校入学の頃に上下の前歯が永久歯に生えかわりころから開始します。
この時期の矯正治療の目的は、顎裂部への骨移植に備えて、狭窄した上顎歯列弓
(上顎の歯並び)を前方や側方に拡大することにあります。
顎裂部があまりに狭いと、その部分の粘膜が複雑に入り組んでいて、骨移植の手術の際に、
粘膜を剥離することが困難になるからです。けれども、大きく拡大し過ぎても予後が良くないと
されています。

顎裂部骨移植を行う前に注意しなければならないことは、
顎裂部に接して生えている歯がむし歯でないこと、或いはむし歯の治療を済ませておくことです。
むし歯を放置したままで骨移植を行うと、移植骨が生着しない(うまく着かない)ことがあります。

混合歯列前期(永久歯が生えかわる頃)に行なう主な目的は、
 @移植したところに歯が生えてきたり、歯を動かすことが出来るようにすることや、
 A裂部に隣在する歯を支える骨を増加させて長期に亘り機能させることにあります。


一方、成長完了期に行なう骨移植の目的は、
 @拡大した上顎歯列弓の後戻りの防止と、
 A獲得した永久歯咬合の保持にあります。



              治療経過ならびに手術術式
   顎裂部骨移植(治療経過ならびに手術術式)   







      






           












一番上の段 :治療前
上から二段目:上顎歯列弓の前方&側方拡大
上から三段目:左:粘膜を剥離、中:腸骨海綿骨細片を顎裂に充填、右:粘膜を縫合
一番下の段 :骨移植3週後



             骨移植前後のX線所見      顎裂部骨移植(骨移植後のX線所見)

        骨移植前            骨移植3か月後


 混合歯列期に骨移植を行なった後は、
 永久歯にすべて生えかわり、一番奥の12歳臼歯までが生え揃うのと、
 顎骨の成長の見極めをするために経過を観察します。


 口唇口蓋裂に関する研究発表



                                                   



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。