広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

顎矯正手術を早急に希望される患者さんに応えるために、
顎変形症治療における術前矯正治療の短縮や省略に努めています。
さらに、顎矯正手術のための入院期間短縮にも、連携医療機関とともに取り組んでいます。


本文へジャンプ
 

                                                    
研究業績(昭和59年 4月〜平成29年 9月25日現在) 顎変形症



顎変形症に関する研究業績(筋突起切除術も含む)
 
術前矯正治療の短縮や省略に関する研究業績
 
入院期間短縮への取り組みに関する研究業績

1.誌上発表
2.学会発表(口演、パネルディスカッション、展示など)
   

誌上発表
1986(昭和61)年 1987(昭和62)年 1988(昭和63)年
1990(平成 2)年 1991(平成 3)年 1992(平成 4)年
1996(平成 8)年
2001(平成13)年 2002(平成14)年 2003(平成15)年
2004(平成16)年
2010(平成22)年 2011(平成23)年
2015(平成27)年 2016(平成28)年 2017(平成29)年



学会発表
1986(昭和61)年 1987(昭和62)年
1990(平成 2)年 1991(平成 3)年 1992(平成 4)年 1993(平成 5)年
1996(平成 8)年 1997(平成 9)年 1998(平成10)年
1999(平成11)年 2000(平成12)年 2001(平成13)年 2002(平成14)年 2003(平成15)年
2004(平成16)年 2005(平成17)年 2006(平成18)年 2007(平成19)年 2008(平成20)年
2009(平成21)年 2010(平成22)年 2011(平成23)年 2012(平成24)年 2013(平成25)年
2014(平成26)年 2015(平成27)年 2016(平成28)年 2017(平成29)年




《誌上発表》  22編(内訳 筆頭論文16 共著 6編)


  

2017(平成29)年

顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術後の輪郭不整について

鶴田仁史, 宮本純平, 宮本義洋, 宮本博子

日本美容外科学会会報 第39巻, 第 3号, 8-20. 2017(平成29年)  


  

2016(平成28)年

先天性筋性斜頸を伴う顔面非対称を呈する成人の骨格性下顎前突症に対して
顎矯正手術を施行した矯正治療例

鶴田仁史

広島大学歯学雑誌 第48巻, 第 2号, 141-159, 2016(平成28年12月 1日発行)


  

2015(平成27)年

顎変形症に対する外科的矯正手術の臨床統計的検討

宮本純平, 鶴田仁史, 宮本義洋, 宮本博子, 新保慶輔, 横田和典

日本頭蓋顎顔面外科学会誌 第31巻, 第 1号, 13−19. 2015(平成27年)

下顎骨右側臼歯部動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して
下顎骨前方移動術と血管付き腸骨によるonlay graftを施行した矯正治療例

鶴田仁史

広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 111-125, 2015(平成27年12月 1日発行)


片側性下顎頭過形成を伴う顔面半側肥大症に対する外科的矯正治療例
鶴田仁史

広島大学歯学雑誌 第47巻, 第 2号, 138-150, 2015(平成27年12月 1日発行)


  

2011(平成23)年

ツメッセント法による顎矯正骨切り術の出血減少

宮本義洋, 鶴田仁史, 宮本純平, 宮本博子, 青木恵美, 妹尾貴矢

日本美容外科学会会報 第33巻, 第 1号, 1−9. 2011(平成23年)



2010(平成22)年

早急に顔貌を改善するために術前矯正治療を省略した外科的矯正治療の適応と治療手順

鶴田仁史, 宮本義洋

日本美容外科学会会報 第32巻, 第 2号, 25−38. 2010(平成22年)



2004(平成16)年

上顎両側側切歯の先天欠如と下顎骨左方偏位を伴う骨格性下顎前突の矯正治験例

鶴田仁史, 石本勝三

広島大学歯学雑誌 第36巻, 第 2号, 201-208. 2004(平成16年)


2003(平成15)年

下顎枝垂直骨切り術の利点

 ―矢状分割術との比較―

永松将吾,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,鶴田仁史

日本美容外科学会会報 第25巻, 第 1号, 16−23. 2003(平成15年)


早急に容貌改善を希望する顎変形症患者に応えるための術前矯正治療

鶴田仁史, 宮本義洋

日本美容外科学会会報 第25巻, 第 2号, 39−47. 2003(平成15年)


当院における顎変形症に対する顎骨骨切り術の周術期管理とクリニカルパス

岩垂鈴香,宮本義洋,宮本博子,永松将吾,鶴田仁史

日本美容外科学会会報 第25巻, 第 2号, 31−38. 2003(平成15年)



2002(平成14)年

短期間で終えた顎変形症の外科的矯正治療について

鶴田仁史, 宮本義洋

日本顔学会誌 第2巻, 第 1号, 180. 2002(平成14年)



2001(平成13)年

顎矯正手術に求められる術前・術後矯正治療

鶴田仁史, 宮本義洋

日本顔学会誌 第1巻, 第 1号, 84. 2001(平成13年)



1996(平成 8)年

上下顎同時移動術と顎裂部骨移植を施行した唇顎口蓋裂を伴う不正咬合の一治験例

鶴田仁史, 山田哲郎

中・四国矯正歯科学会雑誌 第 8巻, 第 1号,108-120. 1996(平成 8年)



1992(平成 4)年

Le Fort T型骨切りによる上顎骨前方移動術を施行した唇顎口蓋裂患者の
鼻咽腔閉鎖機能について

鶴田仁史, 薮野洋, 岩見優子, 山内和夫, 谷本啓二, 和田卓郎, 吉賀浩二, 高田和彰

日本口蓋裂学会雑誌 第17巻, 第 1号, 6-13, 1992(平成 4年)


交叉咬合を有する正貌顔面非対称患者の治療結果について

(第1報)外科手術を併用した場合としなかった場合の治療前後の咬合および
正貌の計量的評価

鶴田仁史, 岩見優子, 山田哲郎, 石塚泰男, 山内和夫

広島大学歯学雑誌 第24巻, 第 1号, 85-91, 1992(平成 4年)



1991(平成 3)年

骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療に伴う舌動態の変化に関する研究

 −X線映画法を利用した嚥下過程の分析−

鶴田仁史

広島大学歯学雑誌 第23巻, 第 1号, 146-161, 1991(平成 3年)
 * 学位請求論文です。

 * 日本口腔外科学会が作成した顎変形症診療ガイドラインの、
    3 .顎変形症の治療法の種類とその適応 
     13)舌縮小術 Q:舌縮小術の適応はどのような症例か?“
    にも参考文献として挙げられています。


 
顎変形症の外科的矯正に用いるIntermaxillary Skeletal Fixationの効果

山田哲郎, 渡辺八十夫, 山田建二郎, 吉田志乃, 山内昌浩, 岩見優子, 宮本圭介,
鶴田仁史
, 山内和夫, 吉賀浩二, 高田和彰

形成外科 第34巻, 第12号, 1309-1320, 1991(平成 3年)



1990(平成 2)年

骨格性開咬の下顎枝矢状分割術後のskeletal relapse対策

 −Intermaxillary skeletal fixationとIntermaxillary dental fixationとの比較−

山田哲郎, 山田建二郎, 渡辺八十夫, 山内昌浩, 宮本圭介,
鶴田仁史
, 難波正幸, 井藤一江, 山内和夫,

吉賀浩二, 高田和彰

顎変形症研究会会誌 第 9号, 36-39, 1990(平成 2年)



1988(昭和63)年

骨格性下顎前突者の外科的矯正治療による嚥下動態の変化について

 −X線映画法を利用して−

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 古木良彦, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰

日本矯正歯科学会雑誌 第47巻, 第 1号, 105-114, 1988(昭和63年)



1987(昭和62)年

骨格性下顎前突者の外科的矯正術前・術後の舌と舌骨の位置変化について

 −X線映画法を利用して−

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 青山正幸, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰

広島大学歯学雑誌 第19巻, 第 1号, 242-248, 1987(昭和62年)



1986(昭和61)年

骨格性下顎前突症患者の外科的矯正術前・術後の舌・舌骨の位置変化について

 −X線映画法を利用して−

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 青山正幸, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰

顎変形症研究会会誌 第 5号, 65-66, 1986(昭和61年)




《学会発表》  184回(内訳 筆頭演者149回 共同演者35回)


2017(平成29)年
  6回(内訳 筆頭演者 6回 共同演者 0回)

2017(平成29)年 2月 5日
第73回中国・四国形成外科学会学術集会(岡山)
先天性筋性斜頸を伴う顔面非対称を呈する骨格性下顎前突症の一例
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2017(平成29)年 4月12日〜14日
第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪)
Le Fort I 型骨切り術による上顎骨の前方移動を行った骨格性下顎前突症患者の
外鼻形態の変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2017(平成29)年 6月15日〜16日
第27回日本顎変形症学会総会(東京)
上顎骨の前方移動を行った骨格性下顎前突症患者の外鼻形態の変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2017(平成29)年 6月15日〜16日
第27回日本顎変形症学会総会(東京)
前頭面上における上顎咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称患者の
鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2016(平成28)年 7月16日〜17日
第60回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
顎顔面外傷による上下顎骨折患者に対する歯科矯正治療について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2016(平成28)年 7月16日〜17日
第60回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
顎矯正手術を施行することが躊躇われた患者に対する顎変形症治療について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2016(平成28)年
  5(内訳 筆頭演者 5回 共同演者 0回)

2016(平成27)年 4月13日〜15日
第59回日本形成外科学会総会・学術集会(福岡)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した顔面非対称患者の
鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2016(平成28)年 7月 6日〜 7日
第59回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行して上顎咬合平面の
左右的傾斜(Occlusal cant)を改善した顔面非対称患者の鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2016(平成28)年10月24日〜25日
第39回日本美容外科学会総会(京都)
Le Fort I 型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した骨格性下顎前突症患者の
外鼻形態の変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2016(平成28)年10月24日〜25日
第39回日本美容外科学会総会(京都)
Le Fort I 型骨切り術を用いてOcclusal cantを改善した顔面非対称患者の
鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2016(平成28)年11月 7日〜 9日
第75回日本矯正歯科学会大会(徳島)
上顎咬合平面の左右的傾斜を改善した顔面非対称患者の鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2015(平成27)年
 10回(内訳 筆頭演者10回 共同演者 0回)

2015(平成27)年 2月 8日
第69回中国四国形成外科学会学術集会(広島)
開口制限を有する患者に対して施行した筋突起切除術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2015(平成27)年 4月 8日〜10日
第58回日本形成外科学会総会・学術集会(京都)
顔貌の整容的改善を希望して下顎骨後方移動術を施行した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2015(平成27)年 6月 4日〜 5日
第25回日本顎変形症学会総会(東京)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した顎変形症患者の
外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2015(平成27)年 6月 4日〜 5日
第25回日本顎変形症学会総会(東京)
顔貌の整容的改善を希望して下顎骨後方移動術を施行した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2015(平成27)年 6月 4日〜 5日
第25回日本顎変形症学会総会(東京)
開口制限を有する患者に対して施行した筋突起切除術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2015(平成27)年 7月11日〜12日
第58回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
開口制限を有する患者に対して施行した筋突起切除術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2015(平成27)年 9月12日〜13日
第20回日本顔学会大会(フォーラム顔学2015)(名古屋)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した顎変形症患者の
外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本純平

2015(平成27)年 9月12日〜13日
第20回日本顔学会大会(フォーラム顔学2015)(名古屋)
顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術の評価
鶴田仁史,宮本純平

2015(平成27)年 9月12日〜13日
第20回日本顔学会大会(フォーラム顔学2015)(名古屋)
顔貌の整容的改善を希望して下顎骨後方移動術を施行した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本純平

2015(平成27)年11月18日〜20日
第74回日本矯正歯科学会大会(福岡)
筋突起切除術を施行した症例の所見と考察
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2014(平成26)年
 12回(内訳 筆頭演者10回 共同演者 2回)

2014(平成26)年 4月 9日〜11日
第57回日本形成外科学会総会・学術集会(長崎)
下顎骨右側動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して下顎骨前方移動術と
血管付き腸骨によるonlay graftを施行した1例
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2014(平成26)年 6月10日〜11日
第24回日本顎変形症学会総会(博多)
下顎骨右側動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して
下顎骨前方移動を施行した長期治療例
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014(平成26)年 6月10日〜11日
第24回日本顎変形症学会総会(博多)
顎変形症に対する外科的矯正手術の臨床統計的検討
宮本純平,鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,横田和典

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した顎変形症患者の
外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
下顎骨後方移動術による顔貌の改善を希望した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
過去20年間に共同治療を行った顎矯正手術の臨床統計的検討
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
下顎骨右側動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して
下顎骨前方移動術と腸骨によるonlay graftを施行した1例
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014(平成26)年 9月 3日〜 4日
第37回日本美容外科学会総会(東京)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎移動術後の外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本純平,宮本博子

2014(平成26)年 9月 3日〜 4日
第37回日本美容外科学会総会(東京)
下顎骨後退術による顔貌の整容的改善を希望した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本純平,宮本博子

2014(平成26)年 9月 3日〜 4日
第37回日本美容外科学会総会(東京)
当院での顎骨骨切り手術の検討
宮本純平,鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,横田和典

2014(平成26)年10月20日〜22日
第73回日本矯正歯科学会大会(幕張)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎移動術後の外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本純平

2014(平成26)年11月 6日〜 7日
第32回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(大阪)
前歯部正被蓋症例に対する下顎骨後方移動術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋



2013(平成25)年  7回(内訳 筆頭演者 6回 共同演者 1回)

2013(平成25)年 4月 3日〜 5日
第56回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術について

鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2013(平成25)年 4月 3日〜 5日
第56回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)

精神障害を有する顎変形症患者に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋,宮本博子

2013(平成25)年 6月22日〜23日
第23回日本顎変形症学会総会(大阪)
顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2013年(平成25年) 7月 6日〜 7日
第56回中・四国矯正歯科学会大会(倉敷)
顔の女性化手術の一環として下顎後退術を施行した性同一性障害患者の1例
鶴田仁史,広比利次

2013(平成25)年10月 7日〜 9日
第72回日本矯正歯科学会大会(松本)
顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2013(平成25)年10月17日〜18日
第36回日本美容外科学会総会(東京)
顔の女性化手術の一環として下顎後退術を施行した性同一性障害患者の1例
鶴田仁史,広比利次

2013(平成25)年11月24日〜25日
第31回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(名古屋)
顎変形症治療におけるesthetic mind 形成外科で手術を行うことの意義

宮本純平,新保慶輔,奥原裕佳子,横田和典,山田哲郎,
鶴田仁史,宮本博子,宮本義洋


2012(平成24)年 10回(内訳 筆頭演者 8回 共同演者 2回)

2012(平成24)年 4月11日〜13日
第55回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
Hemifacial microsomiaによる顔面非対称を顎矯正手術により
一期的に改善する戦略に基づく第1期矯正治療

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平,青木恵美

2012(平成24)年 6月18日〜19日
第22回日本顎変形症学会総会(福岡)
下顎枝垂直骨切り術後早期の骨片の動態について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本純平

2012(平成24)年 6月18日〜19日
第22回日本顎変形症学会総会(福岡)
顎変形症患者に追加して施行した整容的手術について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本純平

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎変形症患者に対するオトガイ形成術について
鶴田仁史

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
Hemifacial microsomiaによる顔面非対称を顎矯正手術により
一期的に改善しようとする戦略に基づいた第一期矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平
第55回中・四国矯正歯科学会大会 2012年(平成24年) 7月 広島

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
下顎枝垂直骨切り術後早期の離断骨片の動態について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平
第55回中・四国矯正歯科学会大会 2012年(平成24年) 7月 広島

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎矯正手術を併用した再度の矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平
第55回中・四国矯正歯科学会大会 2012年(平成24年) 7月 広島

2012(平成24)年 9月23日
日本形成外科学会第64回中国・四国支部学術集会(鳥取)
顎変形症手術の導入:顎骨骨切り術により美しい横顔を形成する

宮本純平,新保慶輔,井上裕佳子,横田和典,鶴田仁史,宮本義洋

2012(平成24)年10月11日〜12日
第35回日本美容外科学会総会(東京)
顎変形症患者に対して施行したオトガイ形成術について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平

2012(平成24)年10月11日〜12日
第35回日本美容外科学会総会(東京)
美容的顎矯正外科(Aesthetic Orthognathic Surgery) の観点から治療してきた症例の
結果(写真供覧) 
宮本義洋,鶴田仁史,宮本博子,宮本純平


 

2011(平成23)年  6回(内訳 筆頭演者 4回 共同演者 2回)

2011(平成23)年 6月16日〜17日
第21回日本顎変形症学会総会(東京)
精神障害を有する骨格性下顎前突症患者に対する外科的矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋
第21回日本顎変形症学会総会(東京)

2011(平成23)年 9月29日〜30日
第34回日本美容外科学会総会(福岡)
我々の行なっている下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,妹尾貴矢

2011(平成23)年 9月29日〜30日
第34回日本美容外科学会総会(福岡)
オトガイ骨切り前進術後の軟部組織変形
青木恵美,宮本義洋,宮本博子,妹尾貴矢,宮本純平,鶴田仁史

2011(平成23)年10月17日〜20日
第70回日本矯正歯科学会大会(名古屋)
整容面に配慮した顎変形症患者の治療について
鶴田仁史,宮本義洋

2011(平成23)年11月24日〜25日
第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
下顎枝垂直骨切り術後早期の近位骨片の動態について
鶴田仁史,宮本義洋

2011(平成23)年11月24日〜25日
第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
シンポジウムT
「口唇口蓋裂変形の美容的改善 顔面骨格を含めた治療戦略とその術式」 
−唇裂顔を消すための治療−
宮本義洋,鶴田仁史,山田哲郎,渡辺八十夫,宮本博子,青木恵美,妹尾貴矢



2010(平成22)年 12回(内訳 筆頭演者12回 共同演者 0回)

2010(平成22)年 4月 7日〜 9日
第53回日本形成外科学会総会・学術集会(金沢)
矯正治療後の顔貌に不満を抱き、顎矯正手術による顔貌の改善を希望した
骨格性下顎前突症例について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,妹尾貴矢

2010(平成22)年 6月15日〜16日
第20回日本顎変形症学会総会(札幌)
ミニシンポジウム
脱”顎間固定”宣言 −下顎枝垂直骨切り術後の顎間固定は要らない−
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年 6月15日〜16日
第20回日本顎変形症学会総会(札幌)
早急に顔貌を改善するために術前矯正治療を省略した外科的矯正治療
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年 6月15日〜16日
第20回日本顎変形症学会総会(札幌)
外科的矯正治療におけるブリコラージュ
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年 6月15日〜16日
第20回日本顎変形症学会総会(札幌)
矯正治療後の顔貌に不満を抱き、その改善を目的として顎矯正手術による再治療を希望した
骨格性下顎前突症例
鶴田仁史,宮本義洋

2010年(平成22年) 7月10日〜11日
第53回中・四国矯正歯科学会大会(米子)
以前に行った矯正治療後の顔貌に不満を抱き、顎矯正手術による顔貌の改善を希望した
骨格性下顎前突症例に対する外科的矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋

2010年(平成22年) 7月10日〜11日
第53回中・四国矯正歯科学会大会(米子)
三叉神経腫瘍摘出後に生じた顎運動障害に対して顎関節授動術を施行した一例の
所見と考察
鶴田仁史,宮本義洋

2010年(平成22年) 7月17日〜18日
第25回日本歯科心身医学会学術大会(広島)
シンポジウム
ライフステージからみたこころと歯科 
小児・成人・高齢者の歯科心身症の問題点を探る 
−矯正歯科の立場から−
鶴田仁史

2010(平成22)年 9月27日〜29日
第69回日本矯正歯科学会大会(横浜)
前回の矯正治療後の顔貌に不満を抱き、顎矯正手術による顔貌の改善を希望した
骨格性下顎前突症例について
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年 9月27日〜29日
第69回日本矯正歯科学会大会(横浜)
変形性顎関節症を伴う顔面非対称患者に対する外科的矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年 9月27日〜29日
第69回日本矯正歯科学会大会(横浜)
外科的矯正治療を行なった精神障害を有する骨格性下顎前突症の2例
鶴田仁史,宮本義洋

2010(平成22)年10月28日〜29日
第28回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(京都)
脱”顎間固定”宣言 −下顎枝垂直骨切り術後に顎間固定は行いません−
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美

2010(平成22)年10月28日〜29日
第28回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(京都)
精神障害を有する骨格性下顎前突症患者に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美



2009(平成21)年 12回(内訳 筆頭演者 9回 共同演者 3回)

2009(平成21)年 4月22日〜24日
第52回日本形成外科学会総会・学術集会(横浜)
矯正再治療時に顎裂部骨移植術と口唇ならびに唇裂鼻の修正術を行った成人の
唇顎口蓋裂の3例

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,渡部聡子,岩垂鈴香

2009(平成21)年 5月28日〜29日
第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会(東京)
顎裂部骨移植術と上下顎移動術ならびに口唇と鼻の修正術により唇裂顔の改善を行った
成人の唇顎口蓋裂の2例

鶴田仁史,宮本義洋


2009(平成21)年 6月 4日〜 5日
第19回日本顎変形症学会総会(仙台)
下顎骨右側動静脈奇形 (AV malformation)切除術の既往がある下顎後退症に対して
血管付き腸骨によるonlay graftと下顎枝垂直骨切り術による下顎骨前方移動を施行した1例
鶴田仁史,宮本義洋

2009(平成21)年 7月 4日〜 5日
第52回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
下顎後退術後の下顎遠位骨片の管理について
鶴田仁史

2009(平成21)年 7月 4日〜 5日
第52回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
血管付き腸骨によるonlay graftと下顎枝垂直骨切り術による下顎骨前方移動を施行した
下顎骨右側動静脈奇形 (AV malformation)切除術の既往がある下顎後退症について
鶴田仁史,宮本義洋

2009(平成21)年 9月13日
日本形成外科学会第58回中国・四国支部学術集会(高知)
顎顔面外科領域に手術用顕微鏡を導入した利点

宮本義洋,宮本博子,青木恵美,渡部聡子,妹尾貴矢,鶴田仁史

2009(平成21)年 9月25日〜26日
第32回日本美容外科学会総会(横浜)
顎顔面骨切り術における安全性の向上と低浸襲にすることへの限りなき挑戦

宮本義洋,鶴田仁史,宮本博子,青木恵美,渡部聡子,妹尾貴矢

2009年(平成21)年11月16日〜18日
第68回日本矯正歯科学会大会(博多)
下顎枝垂直骨切り術後の顎間固定は要らない

鶴田仁史,宮本義洋

2009年(平成21)年11月16日〜18日
第68回日本矯正歯科学会大会(博多)
矯正治療の既往がある症例に対して行った外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

2009(平成21)年11月19日〜20日
第27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
片側の著明な変形性顎関節症による開咬と顔面非対称に対する顎矯正手術について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,渡部聡子

2009(平成21)年11月19日〜20日
第27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
三叉神経腫瘍摘出後に生じた顎運動障害に対して顎関節授動術を施行した一例

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,渡部聡子

2009(平成21)年11月19日〜20日
第27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
頭蓋顎顔面外科手術を安全におこなうために必要なこと:ツメッセントと手術用顕微鏡

宮本義洋,鶴田仁史,宮本博子,青木恵美,渡部聡子,妹尾貴矢



2008(平成20)年 13回(内訳 筆頭演者11回 共同演者 2回)

2008(平成20)年 2月17日
日本形成外科学会第55回中国・四国支部学術集会(広島)
下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術後の顎間固定を省く試み

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,青木恵美,渡部聡子,岩垂鈴香
日本形成外科学会第55回中国・四国支部学術集会(広島)


2008(平成20)年 2月17日
日本形成外科学会第55回中国・四国支部学術集会(広島)
医療現場を改善したプリコラージュ(Bricolage)という手法

宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,青木恵美,渡部聡子,鶴田仁史

2008(平成20)年 4月 9日〜11日
第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋)
顎矯正手術を施行した顎関節リウマチによる顔面非対称の1例

鶴田仁史宮本義洋,宮本博子,渡部聡子,岩垂鈴香,青木恵美


2008(平成20)年 4月 9日〜11日
第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋)
上顎咬合平面の左右的傾斜の改善のために上下顎同時移動術を施行した顔面非対称患者の
治療後の顔面の対称性

鶴田仁史宮本義洋,青木恵美,宮本博子,渡部聡子,宮本博子,岩垂鈴香


2008(平成20)年 4月 9日〜11日
第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋)
骨切り術による上下顎移動術の上顎の位置決めについて
:他機関において異常顔貌となった症例の検討

宮本義洋,鶴田仁史,宮本博子,岩垂鈴香,青木恵美,渡部聡子


2008(平成20)年 5月28日〜29日
第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会(広島)
上下顎移動術後にreduction rhinoplastyを施行した‘big nose’を呈する成人の
片側性唇顎口蓋裂の1例
鶴田仁史宮本義洋

2008(平成20)年 6月17日〜18日
第18回日本顎変形症学会総会(名古屋)
歯科矯正治療の既往がある症例に対して行った顎矯正手術について
鶴田仁史宮本義洋

2008(平成20)年 6月17日〜18日
第18回日本顎変形症学会総会(名古屋)
上顎咬合平面の左右的傾斜を改善するために上下顎移動術を施行した症例の
治療前後のリップラインについて
鶴田仁史宮本義洋


2008(平成20)年 7月 5日〜 6日
第51回中・四国矯正歯科学会大会(福山)
上顎咬合平面の左右的傾斜を改善するために上下顎移動術を施行した
顔面非対称患者の治療前後の顔面の対称性の評価について
鶴田仁史,宮本義洋

2008(平成20)年 7月26日〜27日
第51回日本顎関節学会総会・学術大会(大阪)
顎関節リウマチによる顔面非対称に顎矯正手術を施行した1例
鶴田仁史


2008(平成20)年 9月16日〜18日
第67回日本矯正歯科学会大会(幕張)
顎関節リウマチによる顔面非対称に上下顎移動術を施行した1例
鶴田仁史,宮本義洋

2008(平成20)年 9月16日〜18日
第67回日本矯正歯科学会大会(幕張)
顔面非対称患者に対する下顎枝垂直骨切り術を用いた外科的矯正治療の評価
鶴田仁史,宮本義洋

2008(平成20)年10月11日〜12日
第31回日本美容外科学会総会(広島)
シンポジウム 「日本人のAesthetic orthognathic surgery:私の審美基準とその結果」
私たちの外科的矯正治療におけるブリコラージュ
鶴田仁史,宮本義洋



2007(平成19)年  5回(内訳 筆頭演者 4回 共同演者 1回)

2007(平成19)年 4月11日〜13日
第50回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術後の顎間固定の必要性について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,徳山英二郎,松本由美子


2007(平成19)年 4月11日〜13日
第50回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
Tumescent Techniqueが上下顎と下顎骨骨切術62例にもたらした結果

宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,徳山英二郎,松本由美子,鶴田仁史


2007(平成19)年 7月15日〜16日
第50回中・四国矯正歯科学会大会(岡山)
下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術後の顎間固定の必要性について

鶴田仁史,宮本義洋


2007(平成19)年 9月19日〜21日
第66回日本矯正歯科学会大会(大阪)
下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術後の顎間固定の省略について

鶴田仁史,宮本義洋


2007(平成19)年11月 8日〜 9日
第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
矯正治療の既往がある症例に対して行った外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋



2006(平成18)年  8回(内訳 筆頭演者 7回 共同演者 1回)

2006(平成18)年 6月21日〜22日
第16回日本顎変形症学会総会(幕張)
下顎枝垂直骨切り術による下顎骨前方移動後に顎関節脱臼を生じた
下顎後退症の1例について

鶴田仁史,宮本義洋


2006(平成18)年 6月21日〜22日
第16回日本顎変形症学会総会(幕張)
Le Fort T型骨切り術による上顎骨後方部の上方移動ならびに時計方向への回転と
下顎枝垂直骨切り術とによる上下顎同時移動術を施行した開咬症の長期観察例

鶴田仁史,宮本義洋


2006(平成18)年 7月 8日〜 9日
第49回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
下顎枝垂直骨切り術後に顎関節脱臼を生じた下顎後退症の1例について

鶴田仁史,宮本義洋


2006(平成18)年 9月10日
日本形成外科学会第52回中国・四国支部学術集会(松山)
高度二次口唇顎口蓋裂に対する顎骨切り術を併用した治療結果

宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,徳山英二郎,松本由美子,
鶴田仁史
,渡辺八十夫,山田哲郎,花岡 宏,三原理功


2006(平成18)年 9月13日〜15日
第65回日本矯正歯科学会大会(札幌)
下顎枝垂直骨切り術後に顎関節脱臼を生じた下顎後退症の1例について

鶴田仁史,宮本義洋


2006(平成18)年 9月13日〜15日
第65回日本矯正歯科学会大会(札幌)
上顎骨後方部の上方移動と時計方向回転とによる上下顎同時移動術を施行した
開咬症の長期観察例

鶴田仁史,宮本義洋


2006(平成18)年11月16日〜17日
第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(長崎)
顔面非対称患者に対する下顎枝垂直骨切り術を用いた外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,松本由美子

  

2006(平成18)年11月16日〜17日
第24回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(長崎)
多発顔面骨骨折後変形治癒患者に対する顎矯正手術を併用した再建的歯科矯正治療

鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,松本由美子



2005(平成17)年  8回(内訳 筆頭演者 6回 共同演者 2回)

2005(平成17)年 4月13日〜15日
第48回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
過去10年間に共同治療を行なった顎矯正手術の臨床統計的検討

鶴田仁史,宮本義洋

 

2005(平成17)年 4月13日〜15日
第48回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
Tumescent technique(anesthesia)が顎顔面外科にもたらす効果

宮本義洋,鶴田仁史,岩垂鈴香,戸澤麻美,宮本博子,戸澤麻美,原 武

 

2005(平成17)年 6月 2日〜 3日
第15回日本顎変形症学会総会(徳島)
過去10年間の顎矯正手術の臨床統計的検討

鶴田仁史,宮本義洋

 

2005(平成17)年 6月28日
香川大学医学部形成外科顎変形症カンファレンス
上下顎同時移動術の実際

鶴田仁史

 

2005(平成17)年 7月 2日〜 3日
第48回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
過去10年間に共同治療を行った顎矯正手術の臨床統計的検討

鶴田仁史,宮本義洋

 

2005(平成17)年 9月 4日
日本形成外科学会第50回中国・四国支部学術集会(高知)
顎関節症がある下顎後退症に下顎枝垂直骨切り術をおこない顎関節脱臼をおこした1例

宮本義洋,鶴田仁史,松本由美子,宮本博子,岩垂鈴香,徳山英二郎

 

2005(平成17)年10月17日〜19日
第64回日本矯正歯科学会大会(横浜)
過去10年間に共同治療を行なった顎変形症患者に関する臨床統計的調査

鶴田仁史,宮本義洋

 

2005(平成17)年11月10日〜11日
第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(徳島)
下顎枝垂直骨切り術後に顎関節脱臼を生じた下顎後退症の1例について

鶴田仁史,宮本義洋,松本由美子,宮本博子,岩垂鈴香,徳山英二郎



2004(平成16)年 12回(内訳 筆頭演者10回 共同演者 2回)

2004(平成16)年 4月 7日〜 9日
第47回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
関節顆過形成による片側巨下顎症に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,岩垂鈴香,宮本義洋,永松将吾,宮本博子,戸澤麻美

 

2004(平成16)年 4月 7日〜 9日
第47回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する再建的矯正治療

鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,永松将吾,宮本博子,戸澤麻美

 

2004(平成16)年 4月 7日〜 9日
第47回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
矯正治療を短期間で終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,宮本博子,戸澤麻美,永松将吾

 

2004(平成16)年 4月 7日〜 9日
第47回日本形成外科学会総会・学術集会(東京)
高度なhemimandibular (condylar) hyperplaiaに対して関節を温存した顎矯正手術の結果

岩垂鈴香,鶴田仁史,宮本義洋,永松将吾,宮本博子,戸澤麻美,野田英貴

 

2004(平成16)年 5月25日〜26日
第14回日本顎変形症学会総会(福岡)
顎矯正手術周術期の患者管理について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎矯正手術後短期間で動的治療を終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
高度なHemimandibular(condylar)hyperplasiaに対して関節頭を温存した
外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋
 

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
外科的矯正治療による開咬症例の治療手順と手術術式について

鶴田仁史,宮本義洋


2004(平成16)年10月17日〜19日
第63回日本矯正歯科学会大会(福岡)
顎矯正手術後入院期間中の患者管理について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2004(平成16)年10月17日〜19日
第63回日本矯正歯科学会大会(福岡)
顎矯正手術後3か月以内に動的治療を終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋


2004(平成16)年11月 4日〜 5日
第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
骨格性開咬症例こそ、先ず顎矯正手術によって噛めるようにすべきである

鶴田仁史,宮本義洋,岩垂鈴香,宮本博子,戸澤麻美

 

2004(平成16)年11月 4日〜 5日
第22回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
上下顎骨切り術へのTumescentの応用:術中出血量を減少させるための工夫

岩垂鈴香,宮本義洋,宮本博子,戸澤麻美,鶴田仁史,山田哲郎



2003(平成15)年 10回(内訳 筆頭演者 8回 共同演者 2回)

2003(平成15)年 4月 9日〜11日
第46回日本形成外科学会総会・学術集会(神戸)
下顎枝垂直骨切り術の利点

永松将吾,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,鶴田仁史


2003(平成15)年 6月27日〜28日 

第13回日本顎変形症学会総会(札幌)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する再建的歯科矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顎矯正手術に伴う入院期間短縮のための周術期管理について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する歯科矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顔面半側肥大症(Hemifacial hypertrophy)に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年10月 8日〜10日
第62回日本矯正歯科学会大会(新潟)
顎矯正手術における術後入院期間短縮のための工夫

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年10月 8日〜10日
第62回日本矯正歯科学会大会(新潟)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する再建的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年10月 8日〜10日
第62回日本矯正歯科学会大会(新潟)
顔面半側肥大症(Hemifacial hyperplasia)患者に対する顎矯正手術について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年11月 6日〜 7日
第21回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
関節顆過形成による片側巨下顎症に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年11月 6日〜 7日
第21回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
関節顆過形成による片側巨下顎症に対する手術経験

岩垂鈴香,鶴田仁史,永松将吾,宮本義洋,宮本博子,戸澤麻美



2002(平成14)年 16回(内訳 筆頭演者11回 共同演者 5回)

2002(平成14)年 4月17日〜19日
第45回日本形成外科学会総会・学術集会(長崎)
私たちの顎変形症の外科矯正治療のクリニカルパス(学術展示)

宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,鶴田仁史,岩崎泰政,水野 寛,永松将吾

 

2002(平成14)年 7月 6日
第84回日本美容外科学会学術集会(広島)
パネルディスカッション

「美容外科の観点からみた顎顔面外科:患者の要望にいかに応えるか」

矯正歯科医の立場から

鶴田仁史

2002(平成14)年 7月 6日
第84回日本美容外科学会学術集会(広島) 

パネルディスカッション

「美容外科の観点からみた顎顔面外科:患者の要望にいかに応えるか」

下顎枝矢状分割と垂直骨切りの比較

永松将吾,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,鶴田仁史

 

2002(平成14)年 7月 6日
第84回日本美容外科学会学術集会(広島)
パネルディスカッション

「美容外科の観点からみた顎顔面外科:患者の要望にいかに応えるか」

当院における顎外科手術周術期の工夫:クリニカルパス導入による入院期間の短縮

岩垂鈴香,宮本義洋,宮本博子,永松将吾,鶴田仁史

  

2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
術後矯正治療を短期間で終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
術前矯正治療を省略・短縮した顎変形症患者の評価

鶴田仁史,宮本義洋


2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
顎矯正手術に対するクリニカルパスの導入について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年 7月29日〜30日
第10回日本顎変形症学会総会(大阪)
顎矯正手術に対するクリニカルパスの導入について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年 9月 8日
日本形成外科学会第44回中国・四国支部学術集会(徳島)
下顎枝垂直骨切り術の利点

永松将吾,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,鶴田仁史

 

2002(平成14)年 9月28日〜29日
第 7回日本顔学会大会(フォーラム顔学2002)(新潟)
短期間で終えた顎変形症の外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,永松将吾

 

2002(平成14)年10月22日〜24日
第61回日本矯正歯科学会大会(名古屋)
顎矯正手術に対するクリニカルパスの導入について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年10月22日〜24日
第61回日本矯正歯科学会大会(名古屋)
術前矯正治療を省略・短縮した顎変形症患者の評価

−どこまでの術前矯正治療が必要か?−

鶴田仁史,宮本義洋


2002(平成14)年10月22日〜24日
第61回日本矯正歯科学会大会(名古屋) 

短期間で治療を終えた外科的矯正治療

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年11月 7日〜 8日
第20回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する歯科矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,岩垂鈴香,永松将吾


2002(平成14)年11月 7日〜 8日 

第20回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(東京)
当院における顎骨骨切り術周術期の工夫

岩垂鈴香,宮本義洋,宮本博子,永松将吾,鶴田仁史

 

2002(平成14)年11月30日
沖縄形成外科研究会学術講演会(沖縄)
早期社会復帰を目的とする術前・術後矯正治療

鶴田仁史



2001(平成13)年  7回(内訳 筆頭演者 6回 共同演者 1回)

2001(平成13)年 2月18日
第41回日本形成外科学科中国・四国支部学術集会(高松)
上下顎を一期に外科矯正した顎変形症:術後の呼吸と咬合管理の経過と結果

宮本義洋,宮本博子,岡山直靖,岩崎泰政,水野 寛,鶴田仁史,山田哲郎

 

2001(平成13)年 2月25日
香川県顎変形症研究会(高松)
術前矯正治療を行わない顎矯正手術について

鶴田仁史

 

2001(平成13)年 7月14日〜15日
第44回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
開咬症例に対する外科的矯正治療における上顎骨の移動様式について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2001(平成13)年 7月14日〜15日
第44回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
開口制限を有する筋突起過長症を伴う顎変形症患者への対応について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2001(平成13)年10月 8日〜11日
第60回日本矯正歯科学会大会(症例展示)(東京)
開口制限を有する筋突起過長症を伴う顎変形症患者への対応について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2001(平成13)年10月 6日〜 7日
第 6回日本顔学会大会(フォーラム顔学2001)(東京)
顎矯正手術に求められる術前・術後矯正治療

鶴田仁史,宮本義洋

 

2001(平成13)年11月15日〜16日
第19回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(横浜)
術前矯正治療を省略あるいは短縮した顎矯正手術について

鶴田仁史,宮本義洋



2000(平成12)年  4回(内訳 筆頭演者 4回 共同演者 0回)

2000(平成12)年 4月20日〜21日
第10回日本顎変形症学会総会(大津)
上下顎咬合平面の左右的傾斜による顔面非対称症例に対する顎矯正手術における
上顎骨の位置決めについて

鶴田仁史, 宮本義洋

 

2000(平成12)年 7月 8日〜 9日
第43回中・四国矯正歯科学会大会(松江)
外科的矯正治療における下顎枝垂直骨切り術の適応症について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2000(平成12)年 7月 8日〜 9日
第43回中・四国矯正歯科学会大会(松江)
斜頸を伴う顔面非対称を有する骨格性下顎前突症例に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2000(平成12)年10月25日〜27日
第59回日本矯正歯科学会大会(大阪)
治療ゴールの設定に苦慮した未治療の先天性筋性斜頸を伴う
顔面非対称を有する骨格性下顎前突症例について
鶴田仁史,宮本義洋



1999(平成11)年  1回(内訳 筆頭演者 0回 共同演者 1回)

1999(平成11)年 4月21日〜23日
第42回日本形成外科学会学術集会(博多)
顎変形症に対する矯正骨切り術において術前矯正治療を省く試み

宮本義洋, 鶴田仁史, 岡山直靖, 宮本博子, 岩崎泰政, 波多野裕二



1998(平成10)年  4回(内訳 筆頭演者 4回 共同演者 0回)

1998(平成10)年 5月21日〜22日
第 8回日本顎変形症学会総会(佐賀)
術前矯正治療を行わない顎矯正手術について T

鶴田仁史, 宮本義洋, 田原和隆

 

1998(平成10)年 5月21日〜22日
第 8回日本顎変形症学会総会(佐賀)
術前矯正治療を行わない顎矯正手術について U

鶴田仁史, 宮本義洋, 田原和隆

 

1998(平成10)年 7月12日
第41回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
術前矯正治療を行わない顎矯正手術について

鶴田仁史, 宮本義洋

 

1998(平成10)年10月 1日〜 2日
第57回日本矯正歯科学会大会(仙台)
術前矯正治療を行わない外科的矯正治療の可能性と課題

鶴田仁史, 宮本義洋, 田原和隆



1997(平成 9)年  1回(内訳 筆頭演者 0回 共同演者 1回)

1997(平成 9)年 6月23日〜24日
第 7回日本顎変形症学会総会(東京)

顔面非対称患者における歯科矯正治療

 −顎矯正手術を併用しない場合−

進来亜希, 天野有希, 佐々木彰子, 宮本圭介, 石塚泰男, 山田哲郎,
鶴田仁史
, 山田建二郎, 丹根一夫



1996(平成 8)年  1回(内訳 筆頭演者 0回 共同演者 1回)

1996(平成 8)年 2月11日
日本形成外科学会第31回中国・四国支部学術集会(小郡)
骨性下顎前突症に対して術前歯科矯正をはぶいてまず外科矯正(矢状分割法)を
おこなった経験

宮本義洋, 宮本博子, 岩崎泰政, 波多野裕二, 岡山直靖, 鶴田仁史, 宮本圭介



1993(平成 5)年  1回(内訳 筆頭演者 1回 共同演者 0回)

1993(平成 5)年 7月 7日〜 8日
第17回日本口蓋裂学会総会(新潟)
上下顎同時移動術と顎裂部骨移植を行った症例

鶴田仁史, 山田哲郎



1992(平成 4)年  2回(内訳 筆頭演者 1回 共同演者 1回)

1992(平成 4)年 2月29日
第69回広島大学歯学会例会
外科的矯正治療を併用した顔面非対称患者の咬合および顔貌の評価

鶴田仁史, 山田哲郎, 岩見優子, 山内和夫

 

1992(平成 4)年 6月14日
第25回広島大学歯学会総会
交叉咬合を有する正貌非対称患者の外科的矯正治療後の変化

岩見優子, 鶴田仁史, 山田哲郎, 石塚泰男, 山内和夫



1991(平成 3)年  2回(内訳 筆頭演者 2回 共同演者 0回)

1991(平成 3)年 7月18日〜19日
第15回日本口蓋裂学会総会(札幌)
上顎骨前方移動術を施行した唇顎口蓋裂者の嚥下動態の変化について

 −X線映画法による分析−

鶴田仁史, 薮野洋, 岩見優子, 山内和夫

1991(平成 3)年 9月25日〜27日
第50回日本矯正歯科学会記念大会(大阪)
上顎骨前方移動術を施行した唇顎口蓋裂者の嚥下動態の変化について

 −X線映画法による分析−

鶴田仁史, 薮野洋, 岩見優子, 山内和夫



1990(平成 2)年  3回(内訳 筆頭演者 0回 共同演者 3回)

1990(平成 2)年 3月11日
第 9回顎変形症研究会(東京)
骨格性開咬の下顎枝矢状分割術後のskeletal relapse対策

 −Intermaxillary skeletal fixationとIntermaxillary dental fixationとの比較−

山田哲郎, 山田建二郎, 渡辺八十夫, 山内昌浩, 宮本圭介,
鶴田仁史
, 難波正幸, 井藤一江, 山内和夫, 吉賀浩二, 高田和彰

 

1990(平成 2)年10月 3日〜 4日
第49回日本矯正歯科学会学術大会(長野)
骨格性開咬症の外科的矯正に用いるIntermaxillary skeletal fixationの効果

山田哲郎, 山田建二郎, 渡辺八十夫, 坪倉志乃, 山内昌浩, 岩見優子, 宮本圭介,
鶴田仁史
, 山内和夫

 

1990(平成 2)年11月 9日〜10日
第 8回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(金沢)
顎変形症の外科的矯正治療に用いるIntermaxillary skeletal fixationの効果

山田哲郎, 山田建二郎, 渡辺八十夫, 吉田志乃, 山内昌浩, 岩見優子, 宮本圭介,
鶴田仁史
, 山内和夫



1987(昭和62)年  1回(内訳 筆頭演者 1回 共同演者 0回)

1987(昭和62)年 9月12日
第55回広島大学歯学会例会
骨格性下顎前突者の外科的矯正治療による嚥下動態の変化について

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 古木良彦, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰



1986(昭和61)年  4回(内訳 筆頭演者 2回 共同演者 2回)

1986(昭和61)年 3月15日
第 5回顎変形症研究会(東京)
骨格性下顎前突症患者の外科的矯正術前・術後の舌・舌骨の位置変化について

 −X線映画法を利用して−

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 青山正幸, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰


1986(昭和61)年 6月 1日
第19回広島大学歯学会総会
著しい顎骨の不調和を伴った唇顎口蓋裂者のチームアプローチによる治験例

 −上下顎に移動術を施した1例−

大野正司, 鶴田仁史, 三原理功, 山内和夫, 吉賀浩二, 高田和彰, 名原行徳, 浜田泰三


1986(昭和61)年 7月13日
第29回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
著しい顎骨の不調和を伴った唇顎口蓋裂者のチームアプローチによる治験例

 −上下顎に移動術を施した1例−

大野正司, 鶴田仁史, 三原理功, 山内和夫, 吉賀浩二, 高田和彰, 名原行徳, 浜田泰三


1986(昭和61)年12月13日
第53回広島大学歯学会例会
骨格性下顎前突症患者の外科的矯正術前・術後の舌・舌骨の位置変化について

 −X線映画法を利用して−

鶴田仁史, 柄 博治, 渡辺八十夫, 山内和夫, 青山正幸, 谷本啓二, 和田卓郎,
吉賀浩二, 高田和彰 






                         
                          


   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。