広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

子供の矯正治療、部分矯正も含む大人の矯正治療(成人矯正)、
さらに欠損部の補綴を必要とする高齢者の矯正治療のほか、
様々な顎変形症や、口唇口蓋裂などの種々の先天奇形に対する矯正治療は、
豊富な臨床経験とそれに基づく数多くの研究業績を有する広島中央矯正歯科にお越しください


本文へジャンプ
 

                                                    
研究業績 中・四国矯正歯科学会



《誌上発表》  3編(内訳 筆頭論文 2編 共著 1編)

 

1997(平成 9)年

先天的あるいは後天的疾患を有する患者に対する矯正治療について

鶴田仁史, 井藤一江

中・四国矯正歯科学会雑誌 第 9巻, 第 1号, 95-100. 1997(平成 9年)



1996(平成 8)年

上下顎同時移動術と顎裂部骨移植を施行した唇顎口蓋裂を伴う不正咬合の一治験例

鶴田仁史, 山田哲郎

中・四国矯正歯科学会雑誌 第 8巻, 第 1号,108-120. 1996(平成 8年)



1991(平成 3)年

Bonded Lingual Arch の臨床応用

切通正智, 鶴田仁史, 山内和夫

中・四国矯正歯科学会雑誌 第 3巻, 第 1号, 59-64. 1991(平成 3年)




《学会発表》 44回(内訳 筆頭演者38回 共同演者 6回)


2017(平成29)年
2016(平成28)年 7月16日〜17日
第60回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
顎顔面外傷による上下顎骨折患者に対する歯科矯正治療について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2016(平成28)年 7月16日〜17日
第60回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
顎矯正手術を施行することが躊躇われた患者に対する顎変形症治療について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2016(平成28)年
2016(平成28)年 7月 6日〜 7日
第59回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行して上顎咬合平面の
左右的傾斜(Occlusal cant)を改善した顔面非対称患者の鼻の対称性について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2015(平成27)年
2015(平成27)年 7月11日〜12日
第58回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
開口制限を有する患者に対して施行した筋突起切除術について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2014(平成26)年

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
Le Fort T型骨切り術を用いた上下顎同時移動術を施行した顎変形症患者の
外鼻形態変化について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
下顎骨後方移動術による顔貌の改善を希望した前歯部正被蓋症例について
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋
     

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
過去20年間に共同治療を行った顎矯正手術の臨床統計的検討
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋
     

2014年(平成26年) 7月 2日〜 3日
第57回中・四国矯正歯科学会大会(宇部)
下顎骨右側動静脈奇形切除術の既往がある下顎後退症に対して
下顎骨前方移動術と腸骨によるonlay graftを施行した1例
鶴田仁史,宮本純平,宮本義洋


2013(平成25)年
2013年(平成25年) 7月 6日〜 7日
第56回中・四国矯正歯科学会大会(倉敷)
顔の女性化手術の一環として下顎後退術を施行した性同一性障害患者の1例
鶴田仁史,広比利次


2012(平成24)年
2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎変形症患者に対するオトガイ形成術について
鶴田仁史

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
Hemifacial microsomiaによる顔面非対称を顎矯正手術により
一期的に改善しようとする戦略に基づいた第一期矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平
第55回中・四国矯正歯科学会大会 2012年(平成24年) 7月 広島

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
下顎枝垂直骨切り術後早期の離断骨片の動態について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平
第55回中・四国矯正歯科学会大会 2012年(平成24年) 7月 広島

2012年(平成24年) 7月 7日〜 8日
第55回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎矯正手術を併用した再度の矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋,宮本博子,宮本純平


2011(平成23)年
2011年(平成23年) 7月 2日〜 3日
第54回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
下顎第二大臼歯にみられた融合歯の一例の所見と考察
鶴田仁史


2010(平成22)年
2010年(平成22年) 7月10日〜11日
第53回中・四国矯正歯科学会大会(米子)
以前に行った矯正治療後の顔貌に不満を抱き、顎矯正手術による顔貌の改善を希望した
骨格性下顎前突症例に対する外科的矯正治療について
鶴田仁史,宮本義洋

2010年(平成22年) 7月10日〜11日
第53回中・四国矯正歯科学会大会(米子)
三叉神経腫瘍摘出後に生じた顎運動障害に対して顎関節授動術を施行した一例の
所見と考察
鶴田仁史,宮本義洋


2009(平成21)年

2009(平成21)年 7月 4日〜 5日
第52回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
下顎後退術後の下顎遠位骨片の管理について
鶴田仁史

2009(平成21)年 7月 4日〜 5日
第52回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
血管付き腸骨によるonlay graftと下顎枝垂直骨切り術による下顎骨前方移動を施行した
下顎骨右側動静脈奇形 (AV malformation)切除術の既往がある下顎後退症について
鶴田仁史,宮本義洋


2008(平成20)年
2008(平成20)年 7月 5日〜 6日
第51回中・四国矯正歯科学会大会(福山)
上顎咬合平面の左右的傾斜を改善するために上下顎移動術を施行した
顔面非対称患者の治療前後の顔面の対称性の評価について
鶴田仁史,宮本義洋


2007(平成19)年

2007(平成19)年 7月15日〜16日
第50回中・四国矯正歯科学会大会(岡山)
下顎枝垂直骨切り術による顎矯正手術後の顎間固定の必要性について

鶴田仁史,宮本義洋



2006(平成18)年

2006(平成18)年 7月 8日〜 9日
第49回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
下顎枝垂直骨切り術後に顎関節脱臼を生じた下顎後退症の1例について

鶴田仁史,宮本義洋



2005(平成17)年

2005(平成17)年 7月 2日〜 3日
第48回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
過去10年間に共同治療を行った顎矯正手術の臨床統計的検討

鶴田仁史,宮本義洋



2004(平成16)年

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
顎矯正手術後短期間で動的治療を終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
高度なHemimandibular(condylar)hyperplasiaに対して関節頭を温存した
外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋
 

2004(平成16)年 7月 3日〜 4日
第47回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
外科的矯正治療による開咬症例の治療手順と手術術式について

鶴田仁史,宮本義洋



2003(平成15)年

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顎矯正手術に伴う入院期間短縮のための周術期管理について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顔面骨骨折後変形治癒患者に対する歯科矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2003(平成15)年 7月 5日〜 6日
第46回中・四国矯正歯科学会大会(周南)
顔面半側肥大症(Hemifacial hypertrophy)に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋



2002(平成14)年

2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
術後矯正治療を短期間で終えた顎変形症患者の治療経過について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
術前矯正治療を省略・短縮した顎変形症患者の評価

鶴田仁史,宮本義洋


2002(平成14)年 7月13日〜14日
第45回中・四国矯正歯科学会大会(松山)
顎矯正手術に対するクリニカルパスの導入について

鶴田仁史,宮本義洋



2001(平成13)年

2001(平成13)年 7月14日〜15日
第44回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
開咬症例に対する外科的矯正治療における上顎骨の移動様式について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2001(平成13)年 7月14日〜15日
第44回中・四国矯正歯科学会大会(徳島)
開口制限を有する筋突起過長症を伴う顎変形症患者への対応について

鶴田仁史,宮本義洋



2000(平成12)年

2000(平成12)年 7月 8日〜 9日
第43回中・四国矯正歯科学会大会(松江)
外科的矯正治療における下顎枝垂直骨切り術の適応症について

鶴田仁史,宮本義洋

 

2000(平成12)年 7月 8日〜 9日
第43回中・四国矯正歯科学会大会(松江)
斜頸を伴う顔面非対称を有する骨格性下顎前突症例に対する外科的矯正治療について

鶴田仁史,宮本義洋



1999(平成11)年

1999(平成11)年 7月11日
第42回中・四国矯正歯科学会大会(岡山)
上顎大臼歯を抜歯して矯正治療を行った症例の知験と考察

鶴田仁史



1998(平成10)年

1998(平成10)年 7月12日
第41回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
術前矯正治療を行わない顎矯正手術について

鶴田仁史, 宮本義洋

 

1998(平成10)年 7月12日
第41回中・四国矯正歯科学会大会(高知)
開窓牽引を行った逆性埋伏上顎中切歯の長期観察例

鶴田仁史



1996(平成 8)年

1996(平成 8)年 7月14日
第39回中・四国矯正歯科学会大会(広島)
口唇裂口蓋裂患者に対する顎裂部骨移植

 −移植骨内に歯の移動を行った片側性唇顎口蓋裂症例−

井藤一江, 鶴田仁史, 石田真奈美, 太田佳代子, 宮本義洋, 山口和憲, 丹根一夫



1993(平成 5)年

1993(平成 5)年 7月11日
第36回中・四国矯正歯科学会大会(呉)
骨格性反対咬合(混合歯列期)の前歯被蓋改善前後の咀嚼運動について

 −前歯被蓋改善時期についての検討−

柄 博治, 柄 陽子, 鶴田仁史



1990(平成 2)年

1990(平成 2)年 7月 8日
第33回中・四国矯正歯科学会大会(倉敷)
埋伏第一大臼歯の矯正治験例

岩見優子, 薮野洋, 鶴田仁史, 山田哲郎, 山田建二郎, 山内和夫, 渡辺八十夫



1987(昭和62)年

1987(昭和62)年 7月12日
第30回中・四国矯正歯科学会記念大会(広島)
顎機能異常を伴う成人過蓋咬合者の矯正治療例

 −咬筋, 側頭筋の筋電図学的変化を交えて−

柄 博治, 蔡 吉陽, 鶴田仁史, 山内和夫



1986(昭和61)年

1986(昭和61)年 7月13日
第29回中・四国矯正歯科学会大会(高松)
著しい顎骨の不調和を伴った唇顎口蓋裂者のチームアプローチによる治験例

 −上下顎に移動術を施した1例−

大野正司, 鶴田仁史, 三原理功, 山内和夫, 吉賀浩二, 高田和彰, 名原行徳, 浜田泰三



1985(昭和60)年

1985(昭和60)年 7月14日
第28回中・四国矯正歯科学会大会(岡山)
顎機能異常を伴う成人反対咬合者の矯正・補綴治療例

柄 博治, 蔡 吉陽, 大野正司, 鶴田仁史, 山内和夫 





                         
                          



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。