広島中央矯正歯科は広島市中区八丁堀にある日本矯正歯科学会専門医の診療所です

 

広島中央矯正歯科  

  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
  TEL 082-502-6803 FAX 082-502-6804

矯正装置には、審美的ブラケット、歯の裏側からの治療、マウスピース型矯正装置以外の”その他の装置”などがあります

本文へジャンプ
 

                                                    
矯正装置について



 1 審美的ブラケット
 2 歯の裏側からの矯正治療
 3 その他の矯正装置
 4 マウスピース型矯正装置


    リンガルアーチ  

     Lingual arch + spring        Palatal bar            Quad helix
(リンガルアーチ 主線+補助弾線)  (パラタルバー)        (クウォドヘリックス)



     リンガルアーチ        
         Bi-helix           Lingual arch     
      (バイヘリックス)       (リンガルアーチ)



     急速拡大装置        

       急速拡大装置     拡大後のリンガルアーチ



    下顎バイトプレート+上顎リンガルアーチ        

   下顎にバイトプレートを装着して、上顎のリンガルアーチ+補助弾線で上顎右側犬歯を唇側移動



    上顎バイトプレート+クロスエラスティック        

   上顎にバイトプレートを装着して、クロスエラスティックを用いて下顎左側小臼歯部を頬側傾斜



    バイトプレート(咬合挙上板)        

          上顎にバイトプレートを装着して 咬合挙上



    スケルタルアンカレッジ        

   下顎枝前縁に金属プレート(スケルタル・アンカレッジ)を埋設して大臼歯後方移動



        ヘッドギアー  上顎前方牽引装置

         ヘッドギアー            上顎前方牽引装置      


    チンキャップ(Chin cap)による下顎骨の成長抑制(+下顎前歯の舌側傾斜)や、
    上顎前方牽引装置による鼻上顎複合体の前方成長(+下顎骨の成長抑制)は、
    長時間の装着が必要であり、患者さんの協力にのみ頼った治療法であることや、
    その後の下顎の追いつき成長(catch-up growth)が生じること、
    さらに、顎関節への影響が懸念されることなどから次第に使用頻度は減少しており、
    昨今では、(下顎を後下方に回転させて)前歯の被蓋を改善しやすくする目的で
    一時的に使用することがある程度ではないかと思われます。



     FKO(エフ・カー・オー):機能的矯正装置        

          FKO(エフ・カー・オー):機能的矯正装置の一種




 これ以外に、
 歯の表側からの目立ちにくい装置(審美的ブラケット)による治療 や
 歯の裏側からの矯正治療、 マウスピース型矯正装置 があります


 治療例として、ダイジェスト版以外にも、
 子供の矯正治療(Ⅰ期治療、Ⅰ+Ⅱ期治療)、
 永久歯が生え揃ってからの矯正治療(大人の矯正治療、成人矯正、Ⅱ期治療)、
 歯の裏側からの矯正治療(舌側矯正、リンガル)、
 部分矯正、
 顎変形症、
 口唇口蓋裂 の種々の症例をご覧いただけます
                    

                                                  



   

広島中央矯正歯科  
  〒 730-0013 広島市中区八丁堀11-10KSビル5F
 
TEL 082-502-6803
FAX 082-502-6804

Copyright(c) 2006 Hiroshima Central Orthodontic Office All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は広島中央矯正歯科に帰属します。
当ホームページの文章ならびに画像の無断転載は禁止とさせていただきます。