宮本形成外科

お問い合わせ Q&A リンク 宮本形成外科
宮本形成外科

ホームページへ 新着情報 トピックス 形成外科とは 病院案内 品質方針 スタッフ紹介 料金案内 治療情報 手術情報


形成外科とは


形成外科とは

先天的あるいは後天的な身体外表の形状、色の変化、すなわち醜状を対象とし、 これを外科手技によって機能はもとより形態解剖学的に正常(美形)にすることを手段とし、個人を社会に適応させることを目的とするものである。

対象

1.

美容外科 二重まぶた、まぶたのたるみ、その他目の悩み、隆鼻術、小鼻の形成、 低鼻術、フェイスリフト、輪郭形成、脂肪吸引(顔、首、おなか、腕)、脂肪注入、豊胸術、乳房縮小術、陥没乳頭、毛の治療(脱毛、植毛)、わきが、多汗 症、爪の形成、ピアス、包茎
2. 体表変形 口唇裂;唇が割れているもの、口蓋裂:口の中が割れているもの、小耳 症:耳が小さいもの、ないもの、多指合指症:指がくっついていたり数の多いもの
3. 外傷 顔面軟部損傷:皮膚が切れたり擦りむけたりしたもの、顔面骨折:鼻の骨が 折れたり、頬の骨や顎の骨が折れたもの
4. 皮膚腫瘍 良性皮膚腫瘍(母斑:茶あざ、青あざ、黒あざなど、血管腫:赤あざ、 その他の腫瘤)、悪性皮膚腫瘍(皮膚癌など)
5. 後天性欠損 悪性腫瘍切除後の再建:たとえば乳癌の手術後の乳房再建など
6. 熱傷:やけどのこと
7. 瘢痕・瘢痕拘縮、ケロイド やけどやけがの後にできたきずあと、ひきつり、きず が赤く盛り上がったもの
8. 皮膚潰瘍 放射線障害、褥瘡、うっ滞性潰瘍などで、皮膚がなくなった状態
9. その他の変形 顔面神経麻痺、顔面片側萎縮、顎変形症、リンパ浮腫など
10. 手の外科 先天性異常(多合指症)、腫瘍(ガングリオンなど)、軟部組織損傷、 腱鞘炎、爪の異常